Home > 田子浦校 > 思惑

思惑

本日は遺憾ながら雨天ですが、2時開校前から生徒たちが詰め寄り、補習に質問にと文理内は大盛況です。菊池先生と三村先生の慣れたベテラン指導が生徒たちの要求をズバズバこなしています。

さて、外出にとっての雨はやっかいなものですが、農業にとってはなくてはならない恵みです。雨の取り様が立場によっていくらか変化するのは、雨に限らず人間の方に思惑(ドクサ)というものがあって、それを普遍の自然に対して適用してしまえば物事をピュアに受け取ることを難しくします。人間には自身に思惑があるため、ついすべてに思惑がある前提で探ってしまうのは悪いクセです。例えば「なぜ宇宙が生まれたか」という問いには答えがありません。宇宙の発生は現象です。恣意的な思惑はありません。現象を論じるなら「どのように宇宙が生まれたか」です。

また自らの思惑というのは、自分が首尾一貫しているとか、自分は正しく道理を得ている、という思いをたえず反芻させます。だから思惑がささやく自らのふるまいにケチをつける、それが思考のノイズとなる思惑なき考えるを貫徹することになります。国語の記述なども、自分の解答に「いつ」とか「どこで」とか「何を」など、ツッコミを入れながら作ると完成度が高まりますね。

中1の歴史で、稲作の始まりが安定した食料生産に成功し、不安定な移住生活から安定した定住生活をもたらしたとあります。でも稲作目線で考えたら、人間たちに安定した食料を与える代わり、移動の自由を奪って土地に縛り付け、奉仕させることに成功したとも取れます。自分たちの思惑から離れたら、また別の現象が見えて面白いですね。ところで大雨の中を生徒たちが帰ると、やや経ってから雨が止みました。なかなか思惑通りにならないものです。

文理学院オフィシャルホームページ

Comments:3

2017-03-30 (木) 12:04

このコメントは管理人のみ閲覧できます

文理学院 URL 2017-03-30 (木) 15:12

ご心配おかけしまして申し訳ございません。ご指摘痛み入ります。
深く勉強させていただきます。今後ともご支援のほどよろしくお願いします。

2017-03-31 (金) 01:00

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bunrigakuin.blog100.fc2.com/tb.php/8889-28e3bf9a
Listed below are links to weblogs that reference
思惑 from 文理学院

Home > 田子浦校 > 思惑

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top