Home > 都留本部高等予備校 > 2回の北海道ひとり旅から学んだこと

2回の北海道ひとり旅から学んだこと

北大?
旭山ZOO
すみれ

お盆休みを利用し,
8月14日,北海道まで車で行ってきました。
昨年も同じ時期に,
同じように車で北海道の旭山動物園まで
空飛ぶペンギンを見に行きました。
往復2400kmの片道12時間の運転は
トライアスロンをしているようでした。

今年はどこに行こうか,
どうやって行こうか前日まで悩みました。
昨年はすごくたいへんだったけど感動のある旅でした。
二度目はどうだろう,との思いで,ナビなし,
フェリーも宿も予約なしで,
14日深夜2時30分に都留インターから北の大地に向かいました。

とりあえず目的は,
旭山動物園の“てながざる”,
札幌の“純蓮(すみれ)ラーメン”,
“北海道大学”です。
今年も17日の朝10時に帰ってくるまで
いろんなことを考えました。

動物園も,ラーメンも
なんで全国からこんなに人をひきつけるのだろう。
北海道大学では,チャンパスを歩ながら,
昨年合格した文理の生徒,
昨年ここを卒業した生徒のことを思いました。

前期,後期と2回ここまで来て受験し,合格を信じていたのに落ちてしまった生徒のいました。
クラーク像の前では高校生と家族が記念撮影をしていました。
札幌駅の近くなのになんでこんな広いチャンパス何だろう。
この北の大地に何でこんなに人が集まってくるんだろう。

雨にも降られ,道にも迷い,睡魔と夜の闇と戦った
2670kmの旅でした。
こんな過酷な車旅も2度目はなんとラクなことか。

挑戦することはたいへんだけれども,
やり終わるとホントに達成感があること,
その大変なことも
2度目になると一気に楽になっていく。
このことを2年越しで学びました。

緻密に計画を立ててそれを
実行していくこともすごいことだけれども,
行き当たりばったりでも,
必死に一生懸命目の前のことをやっていけば
道は開け,新しい何かに出会えることも実感しました。

昨年の3日間も,今年の3日間も,
1人で必死に乗り越えてきたせいか,
空の色から細かいことまで,
すべてのことを本当に鮮明に覚えています。

札幌での夜,10年前の卒業生が飲み会から,
酔っぱらって電話をかけてきました。
その声がさらにこの旅を最高のものにしてくれました。

ちゃんと帰ってきてくれた自分の車にもありがとう。

高校生よ,
受験もひとり旅と同じかもしれませんよ。

苦労すればするほど,
感動も大きく,
新しい自分にあえるかもしれませんね。

杉本

文理学院オフィシャルホームページ

Comments:1

2010-08-22 (日) 01:28

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bunrigakuin.blog100.fc2.com/tb.php/621-ad76795a
Listed below are links to weblogs that reference
2回の北海道ひとり旅から学んだこと from 文理学院

Home > 都留本部高等予備校 > 2回の北海道ひとり旅から学んだこと

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top