Home > 昭和校 > いざ、初陣

いざ、初陣

古来より日本の武家社会には、男子の通過儀礼として、「元服」という習慣がありました。
前髪を落とし、髷(まげ)を結い、諱(いみな)を名乗ることで、一人前の武士としての自覚が備わったことでしょう。

時代は変わり、現代では「成人式」なるものを男女の別なく行なっているわけですが、「20歳」というのもあまり根拠のない年齢設定に思えてなりません。
考えてみると、現在の義務教育が終了する年齢こそ、かつて「元服」が行なわれていた年齢に合致します。
確かに、高校進学というのは、初めて自分の意志と力で自分の人生を切り開く、大人への第一歩です。
そして高校受験は、ほとんどの生徒たちにとっての「初陣」にほかなりません。

今日、強風雨の中、入試前最後の授業に臨んだ教え子たちの表情は様々でした。
不安を隠せない顔、やりきった顔、闘志満々の顔。
明日はそれぞれの戦場で、これまでの鍛錬の成果を存分に発揮して戦ってほしい。
もちろん、全員の合格を信じて疑いませんが、少なくとも今日の時点で、生徒たちは「元服」を終えたと思っています。

明後日には、「新高1クラス」の授業で待っています。

★春期講習受講生募集中★
TEL:055-269-5280

文理学院オフィシャルホームページ

文理学院オフィシャルホームページ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bunrigakuin.blog100.fc2.com/tb.php/21417-0b6e1cda
Listed below are links to weblogs that reference
いざ、初陣 from 文理学院

Home > 昭和校 > いざ、初陣

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top