Home > 都留本部校 > 都留本部校(つるぶん) 小澤ブログ。「七つの球」 2020.7.11

都留本部校(つるぶん) 小澤ブログ。「七つの球」 2020.7.11

都留本部校 小澤です。

このブログの方向性としては、最近に起こった面白いことのご報告って感じで考えてます。
とにかく、見てくれてる人が笑顔になればと思っております。(๑´ڡ`๑)

※注意
今回は長編なため、本当にお時間のある方のみお付き合い下さい(パソコン画面で約100行、スマホ画面で約240行です)。
文章量の確認のために画面を下方向へスクロールしてしまうと、ネタバレが起こります。
途中「エヴァ」のくだりがありますが、知らない方でもお読みいただけるかと思います。
ご覧になられた方、できればコメントくださいね。 (*‘∀‘)


近、都留校舎で一緒に仕事をする「三枝先生」の様子が気になります。
誤解をしないでいただきたいのですが、恋をしてしまった訳ではありません。笑
彼の、時折何かを集めているような仕草と言動がちょっと。そう、彼には収集癖があります。
例えば、校舎近くのウエルシアに置かれているガチャガチャ。気になる景品が新規投入されると、彼は全種類の補完を目指します。ゆっくりと時間をかけて確実に集めきる。コツコツと一生懸命になる姿、それに対する執念を幾度となく見てきました。
私は内心、そのお金ですき家の牛丼でも食べればいいのにと思ったりもしますが、彼からしたら私の毎日のビール代に対しても同様に捉えているでしょうから、お互い様といったところですか。
まぁ、個人の価値観に違いはあって当然。個性、それこそが人類を進化させ続ける源でもあります。

間違いないようです。やはり彼は何やらの収集を始めている。職員室の自分の机の上、左隅の仕事に支障のない場所には、手に入れた何かが二つほど並べられています。それらは多少の形の違いはあれど、時に光を放つ直径5センチメートルほどの球状の物体。
気になった私は、彼のいない隙を見計らい、こっそりと近づいてじっくりと観察をしてみますが、それが何なのかは皆目見当つきません。
初めて目にする何か、その正体を朝から晩まで考えます。もちろん夜も眠りません。それが考え事の基本です。
光る球…。しばらく考えた私は、ある仮説にたどり着きます。
大の大人をここまで夢中にさせる光る球。まさかではあるが、そうだ私は小さい頃からよく知っている。
ドラゴンボールか!!!!!

すべてを集めると願い事を叶えてくれる、世界に散らばる七つの球。ドラゴンボールその名が表題ともなる漫画は、へたっぴマンガ研究所なども手掛けた鳥山明先生の代表作品である。今の子どもでも知らない者はいないであろう。
まさか、現実世界にも存在していたのか。
七つの球その存在の大きさに、漫画の中ではどこやらの軍隊まで出てきての、やるかやられるかの奪い合いともなった。
たしかに三枝先生、彼は日々肉体改造に取り組んでいる。つい先日も、体重差が10キロ以上はあるのではなかろうかという体の大きな高校生と、腕相撲で勝負し、その相手を瞬殺している。熊を倒したいと言っているのも口先だけではないという事。まったくもって驚きの強さである。
すべてはこの球のためだったのか。私は彼のその執念に恐ろしさをも覚える。
しかしながら、レッドリボン軍が相手となれば話は別であろう。さすがの彼とて所詮、私と同じ素人一般人となり下がってしまう。
何というモノを集めるつもりなのか。いつものように簡単にはいかないであろう事は、容易に想像できる。
私も体を鍛えておこうかとも考えたが、残念ながらただいま減量中。こちらはこちらで中年太りとの壮絶な戦いの真っただ中なのである。彼が無事に集めきるのを、遠くから見守る事にしよう。

数日が経つ。私の心配をよそに、彼は一つまたひとつと球を手に入れているようだ。その手際の良さから見て、ドラゴンレーダーは所持していると推測される。
ある日の生徒との会話を聞く。同じモノが被ったからあげるよといった内容。世界に散らばるその半透明の球は、中に光る星の数がそれぞれ違う。星が一つ入るものは一星球(イーシンチュウ)と呼ばれ、七星球(チーシンチュウ)までの全7種類をそろえると神龍(シェンロン)が現れるという仕組み。7つでひと組それが複数組あるとでも言うのだろうか、漫画と違う。衝撃的な設定変更ではあるが、そもそも当時の悟空が手にしていた球と比べると、だいぶ小さくも見える。面白い、これが令和のドラゴンボールという訳だ。
それにしても、余った球を生徒に配るとは驚いた。先にそろえられてしまう事はないだろうという自信の現れか、このところ表情にも余裕が出てきている。集めきるのもそう遠くないなと思った。

あと一つ、と小さな声でつぶやいた。早い、まさかここまで早いとは完全なる想定外。私は慌てる。まだ願い事を決めかねているからだ。
正直に言おう。私は願い事の横取りを狙っている。彼の集めたその7つの球で、私が神龍を呼び出す。
これまで彼の行動をじっくりと観察してきた。例えば、球の入手時間。彼は出勤時に球を持ってくる事はない。すなわち勤務中に球を手に入れているという事。今まで一つの例外もなく、すべてがその時間帯での入手。したがって、7つ目の球のそろうその時も、勤務時間内と考えるのが妥当。私の目の前でそろえてくれるという事になる。また、彼は職員室内では携帯電話さえもいじらないような真面目人間だという事もわかった。7つの球をそろえても仕事の終わるまでは神龍を呼べない性格なのである。さらには、最後の1人の仲間を待つ彼の机の上に無造作に置かれた球たちを見る限り、私が狙っているなどとは考えてもいないようである。球に興味のない素振りを貫き通してきた私の勝ち。彼は完全に油断している。
こうなると、おそらく作戦を遂行する事自体は容易である。あとは私の倫理の問題だけ。願い事を叶える代償として、人としての大事なものを失う。その覚悟はできている。さあ、いよいよだ。

ふと思い出す、5月コロナ禍の映像配信授業での雑談。都留校舎の中学生との久し振りの、下らない私からの投げかけは「神龍に何を願うか」。
ある子はお金持ちになりたい、ある子は頭を良くしたい。はいはい、そこら辺の願いはあなたの努力でどうとでもなりますから、神龍さまにお願いするに値しませんよと、私は思う。
誰に聴いても同じような願い事の繰り返し。中には、アニメイトへ行って2万円分の買い物をするなんてモノまで飛び出す始末。まったく、何を言ってるのやら。
そろそろ私の考える模範解答な願い事でもひとつ披露しようかとしたその瞬間、これまでとは比べ物にならない異質の願いを聞く。
家族の幸せ。
かなり正解に近い答えだと思った。そう、神龍に願うべきは自分の力では解決できない事、その一つではあるからだ。
そして、この願いが、今まで持っていた私の中の答えを揺るがす事となる。
自分ではない誰かの幸せ。はたして、人間にとっての幸せとはいったい何なのかと。
例えば、お年寄りの方なんかはよく、「孫の笑顔が見られればそれだけで幸せ」などと言う。貧乏でも、勉強ができなくても、もうそんなモノは関係ないという価値観。幸せの定義は人それぞれであって、年齢を重ねればまたそれも変わりゆく。
ちょっと待てよ。幸せになる事を目標として生きている人にとって、幸せを与えられてしまうという事は、人生の目標を奪われてしまうという事にはならないだろうか。だとすると、その後の人生を見失ってしまう可能性も否定できない。はたして、人が幸せになる事に意味はあるのか。幸せになる必要があるのか。幸せになるという事、それにはいったいどれだけの価値があるのか。だいぶ頭の中が混乱してきた。
私の持っていた願いは、もちろん自分の力では解決できない内容。しかし、幸せの定義を見失ってしまった今では、これで間違ってはいないかと悩みに悩み、何度も何度も自分に問いかけている。こうなってくると、他の願い事でもないものかとも考え出してしまう。もう訳がわからなくなってきた。
いっその事、これらにまつわる名称そのすべてをコザワンボールにしてしまうなんて願いはどうだ。書店に並ぶ漫画の表紙は変わり、アニメで悟空たちの追い求める球もそれに変わる。これは愉快だ。
そんなことを考えていると、悩んでいるのが馬鹿らしくなった。

どうやら、最後の一つを手に入れたようだ。彼は、そろった球を机の上で綺麗に並べる。子どもの頃に漫画で見た通りに、集められたそいつらは、早く神龍を呼び出してくれと言わんばかりに、ピカピカと光を放つ。
私は一瞬気を失ったかのような錯覚に陥る。昔、テレビアニメでピカチュウがピカピカしたときに、全国の子どもたちの意識が飛んでしまった事件もあったが、今は明るい部屋でしっかり距離をとってのピカピカ鑑賞なのでその心配はない。ピカピカを眺めながら異様なまでのドキドキ、気持ちは最高潮へと達する。

彼にこの先の行動を起こす気配はない。
ほんの数秒での判断、行ける。いでよ神龍と私は声を上げた。
職員室は真っ白な煙に覆われる。しばらくすると、ぼんやりとではあるが煙の中、神龍が姿を現す。私の知っているモノと比べるとちょっと小さめかな。まぁ球も小さい気はしてたし、こんなモノだろう。さて、そんな事を言ってる場合ではない。すべてが予想通り、彼は事を見失っている。私は一呼吸おき、そして子どもの頃からの願いをぶつけた。
世界平和。
これまで悩んでいた事が下らなく思える。これが間違いのない願い事。人の力でどうのこうのできる問題では無いのだから。
神龍は一呼吸おき、そして私に応える。
それでいいのだな。
初めて見るドラゴンの表情なんて正直よくわからないが、たぶん険しいだろうなと思われる顔で語りかけてきた。
人種の違い、貧富の差、運動能力の違い、学力の差、容姿や性格の違い、家族の数や友人の数、はたまた生活をしている国や地域、それらだけで事足りる問題では無い。
はて…と思う私に神龍は続ける。
個々のしてきた経験や、いま持ち合わせている価値観。人類の最大の武器である個性、すなわちATフィールド。その全てを平等にする。
そうなれば、世界では何ひとつ争いは起きない。誰も誰にも勝てない世界となる。
誰も何も考えない、考える事自体が許されない。誰かが成長でもしようものなら、もはやそれは平等とは言えなくなるからな。
うーむ、人類をつくる人間という複数個体の形では、身動きされただけでも、それにより経験の差が生じてしまう。よし、いっその事、ひとつの個体ひとつの魂にでもしてしまえば、そこからその生命体がどのように成長して行こうとも、世界平和とも考えられよう。
人間の望むものは私には理解し難いが、それが望みなら叶えてやろう。

やけに説教じみた神龍だな。
しかし、言ってる事は理解できた。これこそ人類補完計画。碇シンジがこの世界を選ばなかったワケだ。エヴァ新劇場版の完結さえもコロナに邪魔されてはいるが、考える機会ができて良かった。
さて、目の前の神龍さまは役に立ちそうもないが、真実を教えてはくれた。願いとは自分の力で叶えるモノですよと。
もう私には、ドラゴンボールなど必要ない。
とにかく自分の周りに幸せを与えればいい。その積み重ねが、私の想う世界平和へと繋がるはずだと今は信じる。まずは、自分の周りにいるすべてのお年寄りに対して笑顔でいよう。
知らなかった、誰にだってできるじゃないか。

ふと我に返ると、神龍は居ない。それとの会話は妄想だった事に気付く。おそらく私は、そろった球のピカピカでやられてしまっていたのだろう。それにしても最近妄想が酷い。そもそもこのブログ自体がかなりの重度な妄想、俗に言う中二病である。
ここは職員室、彼の机の左隅に置かれた球をよくよく見てみる。何てことだ、そろった球の数はそもそも7つですらない。
願いの叶ったのは三枝先生だけという事か。

新作のガチャガチャがコンプリートされている。

                 おしまい。
つるぶん20200711
余談ですが、エヴァの作中で「笑えばいいと思うよ」と言った碇シンジくん。綾波レイからはじまる、人類補完計画とは真逆の世界平和を望んだのでしょうか。

P.S. 文章チェックをしてくれた高校生からは、私の頭の中がヤバいという意見をいただきました。笑
それと、自分たちの願い事を否定された生徒たちに謝れとも。まったくその通りでして、みなさんごめんなさい。 (*‘∀‘)/

夏期講習 生徒募集中です!

文理学院オフィシャルホームページ

Comments:14

文理学院(白砂) URL 2020-07-03 (金) 02:20

大作ですね。内容よりも未来から投稿されていることが気になってしまいました…

文理学院(小澤) URL 2020-07-03 (金) 17:12

Re: 文理学院(白砂) さん
夜中だったので、誰も見ていないだろうと思い、アップしたときの見栄えのチェックなどを行っていました。
まさか、白砂先生が見ていたとは。笑
まだ、文章校正もしていない状態だったので、完成品を7/11以降にチェックお願いしますね。

マキシマム URL 2020-07-11 (土) 13:49

ついに超大作投稿ですね。
三枝先生がガチャガチャを集めるという事実だけで、この物語を制作出来るだけのスキル。尊敬致します。
しかも、身内ネタで。

文理の玄関で仁王立ちしているお二人に、何か生命の危機すら感じる威圧感をおぼえておりましたが、今回の作品でその理由がわかりました。
今夜はぐっすり眠れそうです。

文理学院(小澤) URL 2020-07-12 (日) 00:15

Re: マキシマム さん
早速のコメントありがとうございます。
それと、長文に付き合わせてしまいスイマセン。
褒めていただいた件なんですが、私だいぶおかしなトコロがあるんですよ。あ、社会的な常識とかは大丈夫だとは思います。たぶん。
数年前の事ですが、初めて会った生徒に二度目の授業をしてる最中、指をさされて「この人おかしい」って言われた事もあります。笑
で、そういう人間なのですが、お預かりしている中学2年生って息子の同級生なもんで、普通のオジさんを装うしかなくて。

あと、三枝T(ティーチャーのTで、さいぐさティーとか言って文理内だと使ってます)は、ガチですよ。最近なんて体重増加のための食事メニューとか考えてますから。笑
ですから、もし文理におかしな人(あ、私ではありませんよ)が入って来ても大丈夫ですので、ご安心ください。 (*´∀`*)

タッキー&翼 URL 2020-07-12 (日) 20:42

今回も新作、出ましたね
1日遅れてすいません
色々と忙しかったんですよ

ところで世界平和といった人はだれですか
いい人かもしれませんねー

文理学院(小澤) URL 2020-07-12 (日) 22:13

Re: タッキー&翼 さん
> 今回も新作、出ましたね
> ところで世界平和といった人はだれですか

コメントありがとうございます。
でね、今回も新作…って、TVの再放送じゃないんだから、いつでも新作ですよ。笑
で、「世界平和」と言った人は…
もう一度、読んでもらってイイですか?
何か、文章わかってくれてるのか心配になっちゃいました。笑
ではでは。 (*´∀`*)

タッキー&;翼 URL 2020-07-12 (日) 23:12

すみません間違えました
世界平和を願ったのは誰ですか

文理学院(小澤) URL 2020-07-12 (日) 23:27

Re: タッキー&翼 さん
さらなるコメント、ありがとうございます。
あの、もう一回読んでもらえますか? 笑
あの場には、私と神龍しかいないような気はしますが。
あ、ちょっとブログ確認して、おかしかったら修正しときます。スイマセン。 (*´ω`*)

タッキー&;翼 URL 2020-07-18 (土) 00:04

すみません ちょっと明日朝早いんで短い文しか打てませんがご了承ください。
そうですね先生と神龍しかいませんでした。
こういうので国語間違えんですよ。
しっかりと文を読んでから答えなどを書くようにします。

それでは、
またいつか。

文理学院(小澤) URL 2020-07-18 (土) 01:16

Re: タッキー&;翼 さん
時間の無い中、コメントありがとうございます。
で、エヴァを知ってる人たちからのコメントきませんね〜
あと
> それでは、
> またいつか。
って、永遠的なお別れの挨拶ですか? (*´ω`*)

タッキー&翼 URL 2020-07-18 (土) 21:18

数学について

つらいつらいテストからちょっと逃げていました。それで何とか生きてました。ご迷惑おかけしました。
本当になんか数学とかいうものはなんなんですか?
ほんとに棒で戦っているときに大砲の弾が目の前に飛んできたときくらいやる気がなくなりますよー
では、

文理学院(小澤) URL 2020-07-19 (日) 00:06

Re: タッキー&翼 さん
数学以外は、棒と棒で戦ってる感触がありますか?
それらが、好きな科目なのか、得意な科目なのかを教えてくださいませ〜 (´・ω・`)

タッキー&翼 URL 2020-07-19 (日) 22:55

他の教科は僕が拳銃と相手が機関銃みたいな感じですかね。ただし、社会は銃で相手が刀ですかね。社会は大好きなので、他は、まあ意外と点数が取れるやつですかね。

あと他の人は誰もコメントしませんね。

文理学院(小澤) URL 2020-07-19 (日) 23:16

Re:タッキー&翼 さん
数学の話ですが
まず、自分が歩兵だとしたら、大問1としか戦えないってイメージでしょうか。
同じ歩兵でも、1問しか解けない歩兵と、6問解ける歩兵がいますよね。
そこをクリアしてからの、弓兵とか、騎馬兵ってなって、大問2以降に手が出せるのでしょうね。
だから、まずは歩兵の伍長(キングダム読んでますか?)。歩兵を極めなきゃ、何も始まりません。
だから、頑張ってね。 (*´∀`*)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bunrigakuin.blog100.fc2.com/tb.php/18229-13e0f618
Listed below are links to weblogs that reference
都留本部校(つるぶん) 小澤ブログ。「七つの球」 2020.7.11 from 文理学院

Home > 都留本部校 > 都留本部校(つるぶん) 小澤ブログ。「七つの球」 2020.7.11

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top