Home > 大月校 > 林のつぶやき【11】 本気で取り組まないと、記憶には・・・

林のつぶやき【11】 本気で取り組まないと、記憶には・・・

こんばんは!

大月・上野原の林です!

みなさん、午前中の質問・演習タイム、午後の全体オンライン授業、お疲れ様でした!

まだ、現在中3生はオンライン授業の途中ですが、私はオンライン授業を確認しながらブログ書いてます。

今日のオンライン上での質問・演習タイムの中でもお伝えしましたが、恐らくこのままいけば、25日からは大月校舎でも対面授業(通常授業)に戻せそうです!ただ最初は、学年によってはクラスを分けて、いつもの教室の定員の50%以下に抑えての実施ができるように準備をしているところです。
そのため、今まで使用したことがない教室(階❓)での実施も検討中です。
楽しみに待っていてください!

来週の時間割は決まり次第、オンライン授業内、またはブログ上にてお知らせしますので、定期的にブログの確認をお願い致します!

皆さんの学校が4月に入ってすぐに再び休校になってから1か月以上が経過していますが、ここまでを振り返ってどうですか?

台風が接近しようが大雪が降ろうが、来てくれる生徒が1人でもいれば、授業をできる準備をして対応してきた文理が、対面での授業を断念せざるを得ない事態が起きました。

私も、こんな経験は初めてです。

そんな状況の中でも、文理学院は教育だけはどんなことがあっても止めてはならないとの理念のもと、オンライン授業を初めました。

正直、私自身も、急にそんな準備できるの?って思いもありましたが、対面授業ができない中では、教育を止めないためにもオンライン授業をスタートするしかありません。そんなの無理、無理と言って立ち止まっているわけにはいかなかったんです。

そんなわけで、ここまでガムシャラに突っ走ってきました。
ただ、声が途切れる、映像がフリーズする、黒板が見えない、あげたらきりがないくらいのご迷惑をおかけしました。
いつもの授業のように進められないもどかしさもありました・・・・

それでも、今振り返ってみると、オンライン授業を通して、私自身は学ぶことが非常に多く、今後何年たっても、このオンライン授業の経験は忘れない気がします。
画面越しに見る生徒の真剣な表情、そして、いつものように分からないところをすぐに質問できない中でも、必死に画面を通して質問してくれる生徒の姿は決して忘れることはないと思います!

このあと、校舎での通常授業が再開してからも、今回の経験を我々講師も生徒も含めてみんなで共有して、活かしていければ何とかなります。
すぐには終息しないこの状況でも、必死に本気で何事も取り組んでいけば、前に進んでいくことはできます😁‼️
何年かたったとき、「あのときがあるから今がある」とか振り返れるときがくるといいですね。

本気でやらないと、記憶には残りませんよ。
どうでもいいことはすぐに忘れてしまいますからね😉!

今日のつぶやき、とてつもなく長文になってしまったぁ。
みんな、最後まで読んでくれたかなぁ。
この状況がきっかけで始まった『林のつぶやき』のことも、みんな、いつかは忘れちゃうのかなぁ😭⁉️

ではでは!

文理学院オフィシャルホームページ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bunrigakuin.blog100.fc2.com/tb.php/17667-9a82f222
Listed below are links to weblogs that reference
林のつぶやき【11】 本気で取り組まないと、記憶には・・・ from 文理学院

Home > 大月校 > 林のつぶやき【11】 本気で取り組まないと、記憶には・・・

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top