Home > 東桂校 > 私を月に連れてって

私を月に連れてって

yassou(ヤスー:こんにちはの意、どこの国かはラストで。)

こんにちは、東桂校舎の森です。
表題について気付いた方は、ジャズが好きか、新世紀エヴァンゲリオンが好きかのどちらかかと思います。
「Fly Me To The Moon」という曲の日本語タイトルです。

本日は「ストロベリームーン」だそうです。
「え!?いちごみたいな形の月?それともいちご色の月?」と疑問も浮かぶでしょうが、
ストロベリームーンはネイティブアメリカンの風習で、月ごとに名前を付けていたそうです。
そして6月がいちごの収穫時期だったことから6月の満月を「ストロベリームーン」というそうです。

しかもこの満月は比較的低い位置に見えるらしく月の写真を撮るにはチャンスみたいです。

授業後月を見つけて写真を撮ってみます。

さて、話は変わりまして東桂校舎は期末テストの対策真っ最中です。
そこで私が授業ごとに話しているのが、
「時間を管理すること」です。

生徒の中には「時間が足りなくて、、、いそがしくて、、、」と勉強しきれなかった後悔が生まれてしまう子もいます。
「何で勉強しなかったんだ!」なんて言っても通用しません。頭ごなしに言われるのは誰でも嫌なものです。

だから「じゃあ、外せない予定をきちんと考えて、この日に何をやる。何をできるようになる。と、一日一日の計画を立てる方がいいのではないですか。」と生徒に語り掛けているわけです。

大まかな計画と詰め過ぎたスケジュールは破綻したときに大いなる痛手になります。
「今日はこれをやる!」と決めて実行したほうが身になると思います。

しかし、一つ注意点があります。
それは「自分と戦わなければいけないということです。」
自分に甘い計画はやりやすいですが成果も上がりづらく、達成感も薄くなります。
心理学者のアルフレッド・アドラー(嫌われる勇気で有名ですね!)は
「今、ここで、常に理想の自分と戦うべきだ。」と述べています。
大切なのは今、努力して解いている一問一問ですよ!


―お知らせ―
現在~
期末テスト対策実施中!
無料体験授業受付中!
文理でライバルとの差を付けちゃいましょう!

7/14 
理数科判定模試
場所:富士吉田校舎(富士山駅のすぐ近く!)
費用:無料
概要:吉田高校理数科への登竜門!
吉田高校理数科への合格実績NO.1の文理だからできるテストです。ハイレベルなテストで自分の位置を確かめよう!

7/15 
東桂校舎「サマーイベント」
詳細は校舎にお問い合わせください。私は「森’ズキッチン」やるつもりです。

7/22~ 
夏期講習
対象:小学4年生~中学3年生
(小学生英語は小5・6年生のみ)
概要:1学期内容の復習と2学期内容の予習!中3は教達検(10月・11月実施)対策!
長期休暇は復習予習にうってつけ!講習実施日は自習室を開放!
夏は文理で熱く過ごそう!

お問い合わせはお気軽に!
電話番号 0554-45-0304
校舎担当:井上・松穂・野田・森まで!


ヤスーはギリシャ語です。

文理学院オフィシャルホームページ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bunrigakuin.blog100.fc2.com/tb.php/13738-026d71c0
Listed below are links to weblogs that reference
私を月に連れてって from 文理学院

Home > 東桂校 > 私を月に連れてって

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top