Home > 田子浦校 > 英検特訓が始まります!

英検特訓が始まります!

 こんにちは、田子浦校の平田です。

 先週お知らせした英検対策の日程が決まりました。
時間は22:00~22:40
4級 4/8(月)・15(月)・22(月)・5/13(月)・20(月)・27(月)
3級 4/10(水)・17(水)・24(水)・5/8(水)・15(水)・22(水)・29(水)
準2級 4/9(火)・16(火)・23(火)・5/7(火)・14(火)・21(火)・28(火)

合格に向けてガンバっていきましょう!

 但し、合格するためには文理での英検対策だけでは不十分です。お家でもしっかり時間をとって勉強しましょう。

 新元号「令和」が発表されました。いよいよ新時代という感じですね。

 推古天皇12年(604年)4月3日は聖徳太子が十七条憲法を制定した日といわれています。聖徳太子については、最近では実在が疑問視されていて、教科書でも「厩戸皇子」「厩戸王」といった表記になっています。ただ確実に言えることは、「生前に『聖徳太子』と呼ばれた人物はいない」ということです。

 天皇というのは基本的には「この世」に一人しかいません。だから生きている間は「天皇」で問題ないのです。ちなみに元天皇である上皇は二人以上いる場合にありましたが、その場合は「本院」「新院」などと区別されました。

 亡くなると名前が贈られ、これを諡(おくりな)または諡号(しごう)と言います。だから例えば「桓武天皇」が生前にそう呼ばれることはありませんでしたし、本人も自分が「桓武天皇」と呼ばれることになるとは知らなかったのです。生前に自分の諡号を決めていた天皇もいましたけどね。

 聖徳太子は天皇にはなりませんでしたが、天皇と同様に名前が贈られました。ちなみに「徳」という字が贈られた天皇は怨霊になる危険性があったという説もあるようです。当時は子孫に祀られない霊は怨霊になると考えられていて、子孫を蘇我氏に滅ぼされた聖徳太子は怨霊になる資格十分という訳です。大化の改新で蘇我氏が滅んだのも聖徳太子の怨霊によるものと考える人もいたようです。

田子浦校 平田

文理学院オフィシャルホームページ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bunrigakuin.blog100.fc2.com/tb.php/13133-c83b7aae
Listed below are links to weblogs that reference
英検特訓が始まります! from 文理学院

Home > 田子浦校 > 英検特訓が始まります!

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top