Home > 甲府南西校 > 超二流になろう

超二流になろう

 野球の話ばかりになりますが、元プロ野球の監督の野村克也さんの著書をよく読みます。その中に出てくる言葉で「超二流」という言葉が出てきます。
 「一流」の人間は数えるほどしかいません。それは、認めたくはないことではありますが、やはり、才能というものが関係しているのでしょう。でも、才能がなくても努力次第で「一流」に近づくことはできます。そして、そういう人間こそ、組織の中で自分の立ち位置を理解し、組織がうまく機能するように動いてくれます。リーダーにとって、そういう人間は他に代え難い貴重な人材となります。前回取り上げた、木村拓也さんはその最たるものでしょう。
 野球だけでなく、すべてのことに通じると思います。「自分には、才能がない。努力しても無駄だ。」と腐る人間はよくいます。でも、一歩立ち止まって、腐る前に今の自分にできる精一杯の努力をしましょう。その努力を続けていけば、必ず周りの人間が見ていてくれます。形はどうあれ、努力は結実すると思います。そして、そのときのあなたは、確実に「一流」に近づいているでしょう。だから生徒のみなさん、努力をし続けてください。僕らもがんばります。一緒に「一流」に近づきましょう。



奥山

文理学院オフィシャルホームページ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bunrigakuin.blog100.fc2.com/tb.php/12352-0edcf001
Listed below are links to weblogs that reference
超二流になろう from 文理学院

Home > 甲府南西校 > 超二流になろう

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top