Home > 中原校 > 中原校(276回):【京④&冬期予告】

中原校(276回):【京④&冬期予告】

高等部の伊東先生が来てくれました。

中3Sクラスの数学の授業。今回で2回目の登場です。

IMG_20171014_151712.jpg

生徒の頭の中を追いながら、思考回路を追いながら説明しているように感じました。東大受験コースも担当している先生なんで、素晴らしくわかりやすい授業なんでしょうが・・・私は数学の良し悪しはわかりません(´;ω;`)。また、来てくださいね!!


中3英語授業は?

①長文読解、②Lesson4本文対策(後編)の2コマをそれぞれのクラスで担当しました。長文の弱点は2つありますので、学調・入試へ向けてツメていきたいと思います。伸びしろはありますが、時間はあまりありませんので、1つひとつ着実にねッ!!がんばるよ~!!Lesson4の本文はちょっと難しい文があるんですね。丁寧に説明しましたが・・・中学生にとってはちょっと難しいよね~(´;ω;`)

IMG_20171014_194649.jpg

火曜日の英語は学校ワークからのテストを作りましたので、それを勉強していきましょうね!!もう1時間Lesson4ですよ(^^)/


☎054-204-6755文理学院中原校:冬期講習受付を11月1日(水)から開始します。*現在、入塾希望者が多いため「1月からの入塾の受け入れ人数に制限があります」のでご注意ください。特に中2は冬期講習は3クラス体制で指導しますが、1月・2月は2クラスに戻す予定でおりますので。また、来週からは中学生の体験授業の受付もストップいたします。12/1(金)の「大里中1・2年到達度テスト&中3学調」までは、塾生の指導に集中したいための措置となりますのでご理解ください。


👦👧🐶😺🐰🐴

追伸:「京④」です。今日は大徳寺についてですが、場所は金閣寺の東側に位置します。「秋の特別拝観」で、山内にある「黄梅院」の見学ができると聞き訪問しました。ここは織田信長が28歳の時に羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)を従え、京都に入った際に、信長の父・信秀の追悼のため建てさせたのが、この「黄梅院」です。普段は中庭などには入ることはできませんし、今回も当然、撮影は禁止されていましたので、撮影できる範囲のエリアを。

IMG_20171009_105039.jpgIMG_20171009_104943.jpgIMG_20171009_104621.jpg

「破頭庭」(はとうてい)というお庭が素晴らしかったですが、載せられないのが残念!機会があったらぜひ、行ってみてくださいね(^^)/

🌟大徳寺🌳京都市北区柴野にある素晴らしいお寺

「黄梅院」北側の「龍源院」にもお邪魔しました。大徳寺の中で最も古いお寺であるこのお寺には、な、なんと豊臣秀吉と徳川家康が対局した碁盤がありました。ちょっと、驚きでしたね。

IMG_20171009_112025.jpgIMG_20171009_111744.jpgIMG_20171009_111629.jpgIMG_20171009_111044.jpg

次の写真は「山門」と「仏殿」です。見とれてしまいました。

IMG_20171009_112638.jpgIMG_20171009_112344.jpg

広い敷地には多くのお寺が点在し、鎌倉時代の素朴で力強い雰囲気を残したとても落ち着く場所でありました。残念ながら国宝である「方丈」と「唐門」、そして重要文化財である「法堂・天井龍」は撮影禁止でしたので、リーフレットを載せておきます。

IMG_20171014_152540.jpgIMG_20171014_152528.jpg

社会科を担当する教師にとって、歴史の勉強・地理の学習に身銭を切って足を運ぶことはとても大切なことだと思っています。私は普段は社会科を担当しませんが、中3の受験期に社会科担当者のフォローで授業をすることがあります。すると、興味が湧いてきて観てみたい・行ってみたいという衝動に駆られることがあります。実際に行き、ガイドさんからお話を聞いたり、展示物の説明書きを読んだりすることで、また自分自身の勉強になるわけです。

IMG_20171008_121102.jpg

以前のブログにも書きましたが、「何にお金を使うか」によって、その人間の人生が大きく変わってきます。もちろん、人それぞれの趣味嗜好でお金の使い道が大きく異なると思いますが、生徒たちには「豊かな人生を歩むためのお金の使い方」を学んでほしいと思います。特に、まだまだ稼ぎの少ない若い時分のお金の使い方によって、40代・50代の仕事や稼ぎが大きく変わってくると、私は考えています。同時に「いい癖も悪い癖も、若い時分に身についてしまう」ものなんです。それはお金の使い方も然りです。若いうちに自ら積極的に年長者からドバイスを受けてください。また、同時に、たくさんいいものを盗んでください、真似してください。人間、いろいろな人がいます。30歳、40歳、50歳と年齢を重ねても、やるべきことをやらず、出すべき結果も出さず、言うことだけは一人前に言うような方々も政治の世界だけではなく、どの世界・業界にもいらっしゃいます。どんなに周囲が配慮しても、それを当たり前のように勘違いし、要求だけはする人間もいます。塾生たちには、どうかそのような魅力の無い人間ならず、立派に成長していってほしいと思うわけです。


次回「京⑤」は詩仙堂・圓光寺です(^^)/

文理学院オフィシャルホームページ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bunrigakuin.blog100.fc2.com/tb.php/10153-b402fac0
Listed below are links to weblogs that reference
中原校(276回):【京④&冬期予告】 from 文理学院

Home > 中原校 > 中原校(276回):【京④&冬期予告】

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top