Home > 2020年08月03日

2020年08月03日

【長泉校】 中学3年生に求めるスピード感について

お世話になっております。
長泉校の森本です。


7月下旬から始まった夏期講習は順調に進んでいます。
明日は中学2年生の第1回目をようやく迎えることができます。
長泉校の看板オモシロ男・會田先生の理科もありますので、
楽しみにしながら長泉校にお越しください!


本日は夏期講習の先陣を切った中学3年生にむけて、
これからの数学において重要なことを記しておきます。
授業内でも頻繁に話していることではありますが、
改めてこの場に記しておきますので、今一度確認してください。


このブログで何度かお伝えしていますが、
中学3年生の夏期講習テーマは『学調対策を万全に期すこと』です。
中学1・2年生の学習内容を徹底的に復習することが、
夏期講習中にみなさんに与えられるテーマになります。


1回目の授業内でカリキュラムを用いながら説明を受けたと思いますが、、、
数学では『速く正確に解ける術』を身につける必要があります。



率直に申し上げると、中学で扱う問題においては、
長く時間をかければ正解できるのは当然だと思ってください。
ここで重要なことは、正解にたどり着くスピードをとことん速くすること。
正解できなければ意味がありませんが、
このスピードは上げられる限界まで上げるべきです。
これができるようになると、計算問題等が速くさばけるようになるので、
テスト内の難しい問題に多くの時間を充てることができるようになります。
簡単な問題をいかに速く捌くことができるか、これで結果は大きく変わります。



そのため授業では、制限時間内で問題を解く練習をひたすら積んでもらっています。
問題を解くたびに先生から時間設定をお伝えしますので、
その時間内で解き切れるように頑張ってください。



その時間内で解けなければ、どこかに不必要な工程があるはずです。
余計な工程を踏むと間違う確率は上がりますので、
自分の工程を見返しながら問題を解くスピードを上げる工夫をしてみてください。



中学3年生に対しては、高校受験が控えている以上、
本番を想定した『受験対策』を今後も施していくことになります。

まずその第1弾がスピードを上げることです。
夏期講習の数学ではこれを徹底しますので、
長泉校のみなさんはしっかりとついてきてくださいね!



ということで本日は中学3年生に向けたメッセージでした!


明日は13:30から自習室は開いています。
以上です!

長泉校 森本

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2020年08月03日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top