Home > 2020年03月07日

2020年03月07日

都留本部校(つるぶん) 週末。 2020.3.7

都留本部校 小澤です。

3/4 山梨県立高校入試+文理学院新年度授業開始 から4日が経ちました。
文理では授業時間変更などもあり、あっという間の4日間でした。
いや、逆にすごく長かったような感もあります。(どっちだって。笑)
都留校舎に通う小中学生保護者様には、多大なご迷惑をおかけしている中で恐縮ではありますが
都留校舎の近況報告です。

・小学生…この期間で学校から出された宿題が大変なようで、文理の授業以外でも多くの生徒さんが自習室を利用してくれています。文理の授業での様子は、内容が新学年の先取り授業なので真剣に説明を聞いて頑張ってくれてますよ。

・新中学1年生…今週ひと通り(5科目)の授業が終わりました。科目選択をされている人はまだ1日しか授業を受けていないワケではありますが、文理の中学部の雰囲気は伝わったのではないでしょうか。夜の時間帯に移るとまた違ってくるかとも思いますが、気になる保護者様はお子様にきいてみてくださいね。

・新中学2・3年生…平日昼間のご送迎のできないご家庭には本当にご迷惑をおかけしています。平日の授業では欠席が目立っていましたが、期間内で欠席された生徒さんへの補習授業は本日すべて終了いたしました。来週もご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。

・新高校1年生…本日は、公立後期入試を終えてのつるぶん新高1生全員集合での授業でした。授業時間の伝達がうまくいかず(変更に変更を重ねてしまいましたので)、早めにみなさんにお集まりいただて、余裕ができて良かった(スイマセン)。私立推薦・公立前期合格の子たちには小中学部スタッフでの最後の授業となりましたが、上記の理由で予定と違う事ができました。私担当の数学では、ガチで高校数学をやらせてもらいました(『微分』です。笑)。本日の授業内容で新高1生に得るものがあれば幸いです。また、三枝Tの担当時間では、各生徒に公立後期合格発表前での「合格体験記」の作成をしてもらいました。
今年1年頑張った受験生たちに作文を書いてもらい、文理での思い出を振り返ってもらうという恒例行事です。

私個人の意見ですが、まだまだみんな作文がヘタクソ(あ、国語担当の三枝Tの作文指導は一流なんですけどね。笑)で。
けど、ヘタクソな文章でも、「何を思ってるのか」とか「何を言いたいのか」とかは伝わるんです。(高度な解読技術は必要です。笑)
生徒それぞれの受験に対しての不安とか、文理に対しての気持ちとか、まぁ泣けますよ。
ホント、この仕事をしててよかったなって1日になりました。

これをエネルギーとして、また1年間を働きぬこうと思います。 ( *´艸`)

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2020年03月07日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top