Home > 2019年07月15日

2019年07月15日

夏は総復習の最大・唯一のチャンス!

文理学院高等予備校富士宮駅南校です。

さあ、夏がやってきます。

「夏」は一年の中でまとまった学習時間を確保するための、最大の、そして唯一のチャンスです。
この機会を逃してしまうと、次の機会は比較的短い「冬」になってしまいます。
つまり「夏」の時間の過ごし方は、とてもとてもとても重要なのです。

高校1年生は、1学期の総復習のチャンスです
特に英語の文法、数学の学習済みの単元、古文の暗記ポイントなど、をもう一度学び直せば、2学期の学習にひじょうに効果的です。
夏の課題「のみ」を、提出期限ギリギリの8月25日くらいから徹夜でやる、答えを写してとりあえず提出する、なんてことのないようにしましょうね。
高校1年生のテーマは「夏の時間を大切に使う!」です。
夏課題を利用して、もっともっとレベルアップしよう。
高校生になって初めての夏を有意義に過ごせた
それは今後の自分にとってとても重要な財産になります。



高校2年生は、1年生の時の総復習、さらに2年生1学期の復習のチャンスです。
高校2年生の1年間は「大学受験のための準備期間」です。
この1年で「行ける大学」が決まります本当です。
君たちは「受験生」なのです。
その自覚をもって夏を過ごせた人は、高3になってからの成績の伸びが違います。
「部活が忙しいから…」「やる気が出ないから…」「目標がまだ定まっていないから…」…。
やらない理由を作ろうと思えば無限に作れます。
だからこそ、今のこの時期を本当に大切に過ごして、高3になってから後悔することのないようにしよう。
そう、思えるかどうかです。
つまりは「想像力」の問題です。
「今後を見通す力」の問題です。
学力とは関係ありません。
わかっているのに行動できない。それはもったいなさすぎです。
即、行動に移そう。
即、文理の自習室を利用しよう。


高校3年生は、待ったなしです。
夏の学習時間の確保が、受験に成功する最大のポイントです。
夏は一日最低でも10時間!
日本全国の高3生はそれぐらい、いや、もっと勉強しているぞ!
高3生のみなさん。
各教科の自分の弱点を把握していますか?
その弱点を克服するために、どんな教材を使って、いつまでにやり終えるか決まっていますか?
志望大学の合格ラインと自分の実力との「差」を把握していますか?
今のその学習量・学習ペースで間に合いますか?
自分より成績の低い友人や、学習量の少ない友人ばかりを基準にして安心していませんか?
自らに課すハードルをできるだけ上げて、
これまでの人生最大の試練に立ち向かうための準備を、この夏からしていこう。


高1・高2・高3生のみなさん!
文理の駅南校は夏期講習期間中、昼12時から夜11時まで自習室を開けてみんなを待っています。
今年はお盆も休みません。
7月・8月は毎日開いていますよ



さあ、数年後に振り返ったとき、「あの夏ほど必死に頑張った時間はないなぁ」と思える夏を過ごしましょう!


一緒に頑張ろう!


夏期講習、まだまだ募集中です!
「ちょっと今年の夏は頑張ってみようかな」と思っている高校生のみなさん!
駅南校で一緒に頑張りましょう



文理学院高等予備校富士宮駅南校
0544-22-2007


(U)

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2019年07月15日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top