Home > 2019年04月28日

2019年04月28日

御殿場校舎 GWに校舎を開ける理由🤔


GWの御殿場校舎営業日

4月27日(土)15:00~23:00
4月28日(日)15:00~23:00
4月29日(月)15:00~23:00
4月30日(火)15:00~23:00
5月 1日(水)15:00~23:00
5月 2日(木)15:00~23:00
5月 3日(金)15:00~23:00
5月 4日(土)15:00~23:00
5月 5日(日)15:00~23:00
5月 6日(月)15:00~23:00


GWに突入しましたが、御殿場校舎は当然のごとく毎日開いています。ただ開けているわけではなくて、どうしてもGW期間中にやらないといけないことがあるから開けています。

教育ってとても手間ひまがかかる仕事です。

そして文理学院は昔から手間ひまがかかることに真正面から向き合って来ました。生徒にとって必要だと感じたら自分の休みを削ってでも文理に行って自習室を開けたり補習をしたり生徒の相談を受けたり面接練習をしてきました。
教育って本来そういうものだと思います。


○各高校の中間テスト対策
○高校1年生の保護者の方全員との二者面談
○高校生の英検2級・準2級・3級対策
○高校3年生の受験勉強に対する意識付け

この4つをどうしてもGW期間中にやっておく必要があります。

また自習室でもアツい戦いが繰り広げられています。「自習室使用大作戦」が行われています。今年は全学年にGW自習室使用計画表を提出してもらい、校舎階段のところに掲示をしました。


高1・高2は2日以上、高3は3日以上の自習室使用を義務づけます。



今日も小山高校1年の勝亦さんが自分のところにやってきて、「自習室に来る日を増やしてもいいですか?」と聞いてきました。

20190415190651d31.jpg


帰りに彼女の計画表を確認すると、10日間全てに○(使用するという意思表示)がつけられていました。高校1年生がこの時期に自習室を使う習慣を身につけることは今後の勉強姿勢に繋がることであり、とても大切なことだと思います。

20190429102325994.jpg


長田くんと勝亦さんは文理で同じクラスです。きっと長田くんの計画表に影響を受けたのだと思います(笑)


今日は中等部の先生はお休み、高等部も私1人出勤でしたので、早い時間から保護者との二者面談が2件、英検準2級対策、ある高3生との動名詞の個別補習、高3の授業2本を一人で回し、ほとんど立ちっぱなしでしたが、動きはかなり良かったのではないかと自画自賛しています(笑)

仕事をしていても30代、40代の頃と比べて、むしろ50歳の今の方がフットワークが軽くなっているのではないかと思う時もあります。

教育の仕事ってどんどん奥が深くなるというか、若いときには気付かなかったこと、出来なかったことが今になって気付いたり、出来たりします。

特に如何に生徒をやる気にさせるかということでの生徒への働きかけについては、自信を持って50歳の今がいちばん出来ていると思います。


昔、教育業界は

「生徒は30代の教師に触れなくなり、40代の教師に近寄らなくなり、50代の教師を見ると逃げていく(笑)」

こんなことが言われていました。

しかし、「絶対違うよね」って言い切れる自分がいます。少なくとも今日現在、生徒は逃げていきません(笑)


御殿場校舎では5月19日(日)夜7時〜8時で、下記の通り平成21年卒業生、永井綾さんによる講演会を行うことに決まりました。



彼女はJICA2017年第一次隊・助産師隊員としてアフリカのスーダンに昨年の7月から派遣されていましたが、4月中旬に現地でクーデターが起こったため、いったん活動を中止し日本に一時帰国しています。

現地の情勢が安定したら再び戻り、来年の6月まで活動を継続していきます。

こちらもしっかり準備をしていき、卒業生に良いパフォーマンスを発揮してもらえるように頑張っていきます。


20190428233806a71.jpg

201904291050427be.jpg

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2019年04月28日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top