Home > 2019年04月25日

2019年04月25日

(偉人伝)今村均陸軍大将【石和校】

こんにちは。

今日はちょっとだけ偉人の話をします。

今村均さん

だれ?って思う方は多いと思います。
この方は、太平洋戦争中にラバウルというパプアニューギニアにある都市で
日本軍が支配した際に「ラバウル要塞」と呼ばれる一大拠点を築いた人です。

でも実はすごいのはその功績ではありません。
この人のすごいところは人間性。

戦時中のことですから
占領したらその支配下に置かれる地域の住民などを
心身共に支配することがしばしばありました。

でも今村さんはそれを一切させませんでした。
それどころか、兵士たちに自分たちで食料を現地で自給するように命じたのです。
普通というか、戦時の常は略奪がまかり通る情勢でした。
でも今村さんは日本人の誇りを失わず、そして占領したからには
その地域は日本になる。日本で日本人が略奪することを許せるわけなかろう。
という信念を持っていたわけです。

こりゃすごいことですよ。
戦時は自分の命のことで一生懸命になるわけですから
パニックにも近い指揮をする人もいる中で
この人徳はすごい。

この人の簡単な説明記事はこちら↓
歴史街道

さらにすごいことに
この今村さん。山梨県育ちなのです。

宮城県仙台市の生まれではあるのですが
裁判官だった父親の仕事の都合で山梨に来ます。

そして富士川町に住み、甲府一中に進学。今の甲府第一高校ですね。
そこから新潟の新発田中に転入するのですが
幼少期を山梨で過ごしたことは
今村さんの人格形成に大きく影響したわけです。(本人談)

今度韮崎にある今村さんに関係する施設に行ってきます。
そしてまたレポします。

いいことあるさ!

石和校
村松

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2019年04月25日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top