Home > 2018年08月01日

2018年08月01日

中原校(475回):【修正力】

小学生夏期講習2日目!

夏期講習の小学生は杉山先生、鷲山先生、私の3人で授業をしていますが、まずまず盛り上がっているかな??と、いうのは私は塾生の英語クラスしか担当していないため、「講習生クラス」の状況はハッキリとはわかりません。わかりませんが、部屋の外から聞いていると「盛り上がっています!」ということです👨鷲山さんも一昨日アドバイスした内容をすぐに取り入れているようで、修正力の高さが窺えます。

KIMG4851.jpgKIMG4852.jpg
KIMG4853.jpg


「修正力」。これは非常に重要なワードだと思っています。アドバイスや指摘事項に対して早めに修正し、それを継続する・・・。社会人になると「仕事ができる、できない」の判断の1つの軸になるのがこの「修正力」です。人は間違えるし、人は未熟で未完成です。だからこそ、この「修正力」が高い人物は光るのです。私も更に精進して「より修正力の高い人」になろうと思います。

👨隙間時間を縫っていろいろなお仕事を進めておりますが、また新たな物件のご紹介がありましたので、早速見に行ってきました。周囲も汗汗で歩いてみましたが。。。いい!いい!が・・・狭いか。検討いたします。👩


KIMG4844.jpg


追伸:全国学力調査結果について新聞1面に掲載がありました。毎年のように思うのは「これになぜこれだけの税金をかけるのか?」ということです。単純にもっと他に利用すべき事柄がいくつもあると思うのです。会社運営に携わっていると、どうしても「費用対効果」を考えてしまいます。日本にはこれだけ多くの私塾があるのだから、学力向上をそこに委ねるといった方向も、税金の無駄遣いを防ぐのと同時に、業務の削減や公務員削減にもつながるのでは?もちろん教育は国の責務であることは承知しているが、民間を活用することで浮いてくる時間とお金を、現在日本が抱える問題(資源・食糧・高齢社会)に投じるという考えはないのか?いつも思う・・・「自分の身は、自分で守れ」と。

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2018年08月01日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top