Home > 2018年06月28日

2018年06月28日

期末テスト直前の御殿場校舎

 御殿場校舎は各高校の期末テストが近づき、早い時間から自習室が満席になり、第2自習室を作っています。夜も深夜12時近くまで自習室に残って教師に質問をしています。
そんな姿を見ているとこちらも精一杯応援したくなります。そして最後の一人が帰るまで寄り添うことに、この仕事に就いている幸せを感じています。


最近、生徒や教え子のことで嬉しいことが三つありました。

一つは昨年、全日制高校を辞め通信制の高校に通うことにしたA君が文理での受講科目を増やし受験勉強を本格的に始めたいと申し出て来ました。将来は情報系の大学に進み、プログラミングの勉強をしたいという夢まで話してくれました。
早速、夏のオープンキャンパスに参加して大学をしっかり見て来ようと、今週末までに該当大学を一緒に探す約束をしました。
以前はあまり表情を変えない子でしたが、時折笑顔も見せてくれ、これからも波はあると思いますが、最後まで責任を持って大学へ送り出してあげたいと思います。


二つ目は、先日の講演会に参加した小山高校1年のB君とオープンキャンパスのことで話をしました。彼は将来の夢が決まらず、何かのきっかけになればということで講演会に参加しました。
講演会で青年協力隊の話を聞いて、彼が小学生の時に心の中に描いていた海外で難民のボランティアをしたいという忘れかけていた夢が、
この講演会がきっかけで再び甦って来たそうです。
まずは看護師になって技術を磨きたいという将来の方向性まで語ってくれました。
まずは近場で順天堂大学と国際医療福祉大学のオープンキャンパスに行くように提案しました。


最後は教え子のCさん、この4月から文理学院に新卒で入社し、現在は御殿場地区の校舎で頑張っています。彼女が高校生の時に、様々なことで何度も議論したことがあります。もう時効ですが口論寸前まで発展したこともあります(笑)
そんなやり取りの中で一本筋の通った人間性を感じ、彼女が大学生になってから年に数回校舎に遊びに来てくれる度に、彼女に文理教師の話をしていました(笑)
4年越しのアタックが実り、入社の気持ちになってくれたので私も自信を持って彼女を推薦しました。現在は文理学院の同僚として働いています。

あえて遠くから見守っていますが、彼女なら絶対にやり抜くと思っています。彼女が一人前になるのを見届けるまでは石にかじりついてでも頑張らねばと思っています(笑)


文理高等予備校御殿場校では7月23日から始まる夏期講習のお申し込みを受け付け中です。
既に、三島北高校、御殿場南高校、小山高校、加藤学園高校の生徒さんからお申し込みをいただいています。また御殿場南高校と小山高校の生徒さんからは7月入塾のお申し込みをいただいています。そんな活気溢れる御殿場校舎でこの夏を一緒に頑張りましょう!

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2018年06月28日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top