Home > 2017年07月26日

2017年07月26日

趣味と実益?! その4 空耳アワーのお時間です。

あくまでも個人の感想であり独断と偏見が多分に含まれています。単なる思い込みかもしれません。そこだけだと通販番組みたいな胡散臭さですが……。


タイトルに出した空耳が今回のお話。
本来は幻聴や聞こえないふりをする意味なのですが、転じて違う言葉として聞こえる、という意味の方で使われることが多いようです。タモリ倶楽部の空耳アワーで広まったそうで、日本語として考えると意味がめちゃくちゃなところが面白いですよね。

最近聴いた物を幾つか紹介してみますと、
ALL I WANT(The Offspring)
ドラえもーんって叫んでるように聞こえるって有名。
FRICTION(B’z)
サビのはじめが、シャリが旨いねぇ、だそうで。無理矢理全部空耳に直してみたものもあるようです。
紅蓮の弓矢(Linked Horizon)
イントロのドイツ語の部分がいろんな言葉に聞こえるようで、健康診断だったりメガネだったり、○○だ、と聞こえるなど多数あるようです。パロディ動画のせいですけども。


ゲームの音声の空耳ですと、
ブラストドーザー
タイムアタックのスタート時に庄司の実家って聞こえるんですが、もちろん英語です。
バイオハザード4(ゲーム版、映画じゃないですよ)
腹減ったネスカフェとか、モチッとした餃子とか、ダイソーなんで安くなったとか。敵キャラの台詞なのですが何を言ってるのかさっぱり。英語ではなくスペイン語だそうです。


もともと日本語なのに空耳になったものも。オンドゥルルラギッタンディスカー! (仮面ライダー剣)とか、粉バナナ(アニメ版デスノート)とか。こっちはただ聞き取れなかっただけのネタになっていますが。


逆に、空耳を意識して作られた曲もあります。
Sunday Early Morning(桃井はるこ)
英語としては全く意味の無い羅列になっている歌詞ですが、空耳として聞くとアニメのタイトルや歌手、うまい棒になっているという自分の好きなネタ曲です。
絶望ビリー(マキシマムザホルモン)
デスノートの主題歌として使われており、ストーリーと関連のあるフレーズに聞こえるようにわざと言っている部分があります。元歌詞は日本語が多いですが、空耳で意味が通るように英訳した人もいるとか。


こじつけといえばそれまでですが、意識するとそのようにしか聞こえなくなってしまって、頭から離れなくなってしまいますね。カラオケでも、それっぽく歌うよりも空耳の方が歌いやすい、なんてこともありそうです。


本当はなんて言っているのかは歌詞を確認すればいいので、元の言葉と対比するのも面白いかも……ってまんま空耳アワーになってしまいますね。



で、なんで空耳かというと、英語を聞くきっかけになるのかな、と思ったからです。
英語を聞く機会は、日常ではほとんどありません。リスニングの練習も専用の音源ファイルやCDがないとできませんし。そこで、洋楽や吹き替えでない映画やゲームの音声などで耳を慣らすのはどうか、と思ったんです。でも、ゼロから探すとなるとどれがいいのかわからない……。空耳曲なら少しは抵抗感減るかな、というわけです。


もちろん、リスニングの問題で聞きとれるかどうかはまた別の話だとは思うのですが、少しでも聴いているかどうかで変わってくるのではないでしょうか。


かいた人:音楽関連のネタを小分けにしようと思っている、がー

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2017年07月26日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top