Home > 2017年05月04日

2017年05月04日

モチベーション???

富士宮駅南高等予備校です。

GW真っ最中の5月4日ですが、
今日も駅南校は自習室OPENです。

部活やら
試合やら
遠征やら
旅行やらで、
GW課題を終えていない生徒さんが今日も自習室に来ています。

4月はテーマは、とにかく
①質問できるようになること!
②自習室を使えるようになること!
とにかく、とにかく、この2点でした。

実際に行動できている生徒さんもいれば、
そうでない生徒さんもいますが、
今後の学習の質と量を左右する、
ひじょうに重要な二つの要素だと確信しています。
僕たちはあきらめません。
5月も引き続き働きかけをしていきます!


ところで、今日勉強に来ていた生徒さんから、
こんな一言が。
「最近、勉強に対するモチベーションが上がらないですよね。」
次の一言が、
「将来何になりたいかも決まっていないし、
何を勉強したいのかも決まっていないから、
やる気が出ない。」
との事。

気持ちはわかります。
確かに将来なりたいものが小さなころから決まっていて、
「その夢に向かって頑張れる」力はとても大きく強いものです。

でもですね、
では将来の夢が決まっていない人は弱いのかといえば、
全くそんなことはありません。
むしろ高校生の段階で、将来なりたいものが決まっていない人なんて、
たくさんいます。

では、そんな人は、どうしたら勉強に対するモチベーションを上げられるのでしょうか?

今日、その生徒にアドバイスをしたのは、
「モチベーションを上げることを目指さないように」ということです。

過去、何年も高校生を指導してきて、本当に強いのは、
モチベーションを上げようなんて考えず、
目の前のことに全力で取り組み、
「ふつうの気持ち」で勉強できた生徒でした。

そうです。
目指すべきは、
「ふつうに勉強できること」です。
「普通に課題をクリアすること」です。
やる気は不要です。
勉強をするために、気持ちを持ち上げる必要はありません。

「学習の習慣化」です。

歯を磨くことと同じです。
「よおし、今日は張り切って歯を磨こう」
と、モチベーションを上げる人なんていません。

ふつうの気持ちで勉強できる。
ふつうの気持ちで、すべきことをしていく。
これが重要だと思います。

そして、
今後、なりたいものや、
やりたいことが見つかったとしても、
「ふつうにすべきことができる」ことは大きな武器になってくれます。



勉強を習慣化する。
この文章の初めに戻ってしまいますが、
自習室を使いましょう、生徒のみなさん。

僕たちは本気で、
生徒のみなさんに将来社会で活躍してほしいと思っています。
本当に本気です。

さて、明日も富士宮駅南校は自習室を開けて生徒のみなさんを
待っています。

ぜひぜひ。

(U)




文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2017年05月04日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top