Home > 2017年01月05日

2017年01月05日

己が報じる!「新年ごあいさつ&中島トピックス2016」

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。本年も文理学院中島校をよろしくお願いします。

2016年中島校ビッグトピックス(小野目線)をランキング形式で振り返ってみたいと思います!


第5位 中島校の先生が!

智史先生を筆頭に小野と小林先生で新しいスタートを切ったあの3月から、早いもので1年が過ぎようとしています。三人とも苗字に「小」がつく不思議な縁で集まりましたが、中島校の生徒たちを「大」の字で盛り上げられるよう、三者一丸となって1年間頑張ってきました。


第4位 生徒の理解をとことん追いかけ

5教科問わず、授業前後では常に補習や再テストが行われました。生徒ひとりひとりのレベルにあった対応が文理学院中島校の強みです。勉強内容は当たり前を学びます。だからこそ当たり前の継続に効果があると強く思います。でも継続が一番難しい。そこは小野がみなさんをサポートしましたし、もちろんこれからもしていきますよ!


第3位 中3夏期合宿で団結!

合宿の熱さは文理のウリの代名詞です。文理生が一挙に集まる合宿で、みんな学力のみならず人間力も学びます。今年もそんなかけがえのない3日間になりました。合宿の苦労が、生徒と教師間の距離が一気に縮めたようにも思えました。そのせいか一学期以上に二学期以降の定期テストや県統模試では成績が好結果として表れてきましたね。


第2位 定期テスト、右肩上がり

学校の定期テストで各中学の各学年で過去に例を見ない成果を上げることができました!僭越ながら小野の担当教科である英語の誇らせてください。中島校の彼ら・・・本当にスゴイです。

富士中1年(学力診断テスト③) 
塾生平均点 91.2点(学校平均+26.4点)

岩中1年(後期中間テスト)
塾生平均点 95.9点(学校平均+26.3点)
※中1生は昨年3月の新年度スタートの時点で在籍していた生徒のほとんどが英語で90点以上をキープしています。

岩中2年(後期中間テスト)
塾生平均点 77.7点(学校平均+24.3点)

富士中2年(学力診断テスト①)
塾生平均点 78.3点(学校平均+24.2点)
※富士中2年は2016年,平均点差で20点以上をキープしています。


第1位 智史先生にお子さん誕生!

8月智史先生に女の子の赤ちゃんが生まれました。おめでとうございます!智史先生のお子さんを生徒みんなで祝ったことは良い思い出です。どうぞお幸せに。



★ 番外編 ★

小野個人の第1位にふさわしい感動秘話があります。

去る2016年12月30日、年内最終授業の日に中2Kくんが英語の自習に来ました。この日は中2の授業はありません。英語が苦手なKくんとの特訓は、ぼくにとって印象的な出来事です。彼の質問対応をしながら少し1年を振り返りました。


3月:ぼくが中島校に来たとき、彼は英語に苦手意識があり、他教科と比較して授業の受け方にも温度差がありました。

4月:塾内テストの対策中、単語テストになかなか合格できなくて涙を流したことがありました。

5月:中2になって初めての学校テストの英語で大成功します。テスト対策を人一倍頑張りました。

この辺りから英語の勉強に火がつき、授業後は必ず自習に残るようになりました。授業の後、彼は必ず英語のテキストを開くようになりました。

12月:県統模試の上位者ランキングで英語についに名前がのりました。


今では一番苦手だった英語が一番の得意科目になり、ぼくの授業ではいつも先頭を走ってくれるようになりました。楽しそうに英語を勉強します。それがもっともうれしいです。ぼくは塾講師なので点数のサポートが大事な任務ですが、何かそれと同じくらい大切なことのお手伝いができたような・・・そんな気がしてならず胸いっぱいの思いです。

思い出ぽろぽろ涙もぽろぽろ

2016年、彼が最後に言い放ったセリフ、それは…
『もう泣かない』
ここに一つ名言が誕生しました。


小林先生にピグマリオン効果という言葉を教わりました。人には相手の期待に応えたいという意欲があるそうです。確かに他人が期待してくれることはうれしいものです。ぼくは彼へ期待を込めて補習をしました。彼は熱心に応えようとしてくれました。結果的に彼の成績は当初の期待を越え、ぼくに心地よい驚きを与えてくれました。並々ならぬ苦労がありました。その苦労を努力で乗り越えられたのもピグマリオン効果もあったかなと、今になって思います。気持ちだけでもダメですが、気持ちがなくてはもっとダメだなと再認識の出来事でした。小野としては、効果もさることながら、ピグマリオンという響きが醸し出す謎さがツボで面白いです。みなさんに対してもどんどん期待しますからね。


2017年は生徒全員のとびきりステキなエピソードが報告できる1年を目指します。
みなさんの期待を超えた授業をしていきたいと意気込んでいます!

有言実行!今年も1年間どうぞよろしくお願いします。


中島校 小野

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2017年01月05日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top