Home > 2016年12月10日

2016年12月10日

富士宮西校【1、2年生躍進☆彡定期テスト結果報告です】

今日はしっかりパソコンから書きます。
中1生、中2生のテスト結果をご報告させていただきます!!
12月10日判明分です。

四中1年生トップ10に7名ランクイン!!

2位470点
3位468点
3位468点
3位468点
6位462点
8位456点
9位449点


四中2年生トップ10に5名ランクイン!!!
上位20人の6割以上が文理生、しかも上位40人の50%以上も文理生です!!


1位484点
3位460点
3位460点
6位453点
9位446点


北山1年トップ5独占!!!上野中2年トップ、大富士1、2年4位9位10位、などなど

まだまだあります!!6月定期(またはNRT、10月定期)→11月定期

四中A君、56位→3位
三中B君、30位→7位
大富士C君、30位→12位
大富士D君、140位→101位
四中Eさん、26位→9位
大富士F君、128位→74位


まだまだ、順位が分かっていない生徒もいますが、489点、を先頭に50名近くが440点以上を取っています!!

1年2年生は学調に向けて燃えて勉強しますよ!!中3生は入試対策を焦らずじっくりとやっていきましょう☆彡



*************************************************************

1年は長いのか?短いのか?


ご存知の方もいるかもしれませんが、私は大学のとき、アメリカンフットボール部に所属していました。
なので、太っているわけではありません!!(五郎丸選手のポーズはいたしません!!あれはラグビーです(#^ω^))

大學では新しいことにチャレンジしたかったのと、頭を使う面白いスポーツなので選びました。

1年の間はもちろん、基礎的なことを中心に、体づくりとフットボールのお勉強です。作戦を1プレーごとに頭に入れるのです。しかも試合ごとに、戦術は変わりますから、覚えることいっぱいです。すぐには試合に出れず、でもいわれたことは何でもやりました。自分なりに一生懸命ね。

そんなことはさておき、2年生になって、初先発の試合で大けがをしました(;´∀`)
全治1年かかる膝の靭帯を断裂しました。しかも手術しなさいってさ・・・

さぁ、その当時の私は調子に乗って、その試合に彼女を呼び、最悪の姿を見せました。
それも痛いのですが、それよりも1年も;好きなことが出来なくなるって辛いですよね??

私は1年かかるなら、部活もやめちゃおうかな・・・なんって思いました。
でも、それは今となってはやめなくってよかったと思っています。

理由は

①チームの為に裏方のお仕事をすることで、いつも周りでサポートしてくれているマネージャーさんの大変さを知ることができたから。(グラウンド整備から選手のアフターケアまで、自分のリハビリも並行して)

②自分の好きなフットボールを客観的に見ることで、より深くそのスポーツを知り、復帰後のプレーにその経験を活かせたから
(敵チームの戦力分析等も率先してやっていたため)。

③諦めずに、どんな小さなことでもやっていくことで、何とか3年でレギュラー入りすることができ、再び仲間と試合ができる喜びを味わえたから。(待ってくれている仲間がいて、先輩やコーチも期待してくれて、自分のことをわかってくれたから)

私の通ってた大学は関東の2部リーグ(サッカーで言えばJ2ですかね。)に所属し、1部リーグ昇格を目指すチームでした。
残念ながら私のいる間に昇格できませんでしたが、おなじ目標を持った熱い仲間と必死になれる時間を共有できたことは本当に幸せです。
もちろん、リハビリを含めて、その1年は大変でした。苦しいこともたくさんありましたが、自分の好きなことができなくなったり、大切な仲間と一緒にできなくなることを思えば、そっちの方がつらくて苦しいと思っていました。

いまでも結婚式や忘年会、たまに飲み会などでつながっていますが、とても大切な仲間です。


で、話は戻ります。

1年は長いと感じる時もあれば、短いと感じることもあります。
それは、その1年を本気で過ごしているかどうかによっても変わってくるのではないかと思います。
もちろん、苦しい時もありますね。でも苦しいと感じて必死でもがいている時こそ、成長のチャンスなんだと私は思っています。

受験生諸君、この1年は長いようで短いし、短いようで長い。
あなたたちもいろいろなことを我慢しながら過ごしているこの1年だと思います。
みんな、きっと多かれ少なかれ、不安や心配事もあるでしょう。
でも、同じ目標に向かって頑張れる仲間がいますよね☆
それも、一生懸命勉強頑張るのと同じくらい素晴らしいことです。

文理の日常だと学校の垣根をこえて、「今日は〇〇さん(君)休みですか?」なんて仲間を気遣う声が聞こえます。仲間を思いやる気持ちが自然と育まれているようで嬉しいですね。

そろそろ成績出ますね。
みんなに伝えたアドバイス忘れずにお願いします。本日もありがとうございました【ホ】

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2016年12月10日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top