Home > 2016年05月

2016年05月

唐瀬校(209回):【ヒロシマ②~軍都 呉】

呉(くれ)に初めて行ってきました。

呉には広島から快速電車で30~40分ほどで到着します。「大和ミュージアム」という施設がそこにあります。そうです、あの「戦艦大和」を造り上げた軍港がかつてあった町です。小学生の頃は田宮模型の軍事モノのプラモデルをよく作ったものですが……大和、武蔵、長門、陸奥などの軍艦やゼロ戦などの戦闘機……男子なら1度は嵌まるのではないでしょうか??呉には何度か足を運ぼうとしたことはあるのですが、結局行かず終いで、今回「初訪問」となったわけです。写真を見ていただくとわかると思いますが、その展示物のスケール、展示方法などは素晴らしいものがありました。

時代の順序を追って、呉が軍事都市として栄えていく様を、映像と資料・展示品で詳しく示してくれてあり、多少の知識がある私たちのような塾の教師でも、非常に勉強になり楽しめる施設でした。大和と言えば、艦長「山本五十六」と即座に繋がりますが、彼の遺した言葉の1つに、管理職が肝に銘じなくてはならないものがあります。


やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たぬ。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。


とても共感できるいい言葉ですよね。

DSC_0474.jpgDSC_0473_20160531171003bea.jpgDSC_0465.jpgDSC_0483.jpgDSC_0482.jpgDSC_0479.jpgDSC_0490_20160531171050dbd.jpgDSC_0493.jpgDSC_0480.jpgDSC_0497.jpgDSC_0500.jpgDSC_0459.jpg

SNS仲間に「知覧は行ったか?」と聞かれました。私は行ったことがないのですが、富士宮西校舎の金指先生が数年前に行き、非常によかった、勉強になったと言っていました。「知覧」は神風特攻隊の基地があった場所ですが、やはりそのような戦争にまつわる場所を訪れることで、戦争の恐ろしさや愚かさを確認でき、平和のありがたみをひしひしと感じるのであります。


追伸:9月中旬までの出社体制は決まっており、私は夏期講習直前に8連休を頂いております。どうも、ここ数ヶ月「瀬戸内」に心動かされておりまして・・・「教科書」を1冊買ってさらに勉強中です。連休は車に自転車を積んでの「島の旅」をしようかなぁ~なんて思っています。例えば、小豆島では「生素麺」が食べられるんですよ!!素麺は乾麺ですよね、普通は。「生素麺」ですよ(笑)(笑)!!やはり、かなりモチモチしているのかなぁぁぁ??
DSC_0528.jpg


6月中旬入塾&夏期講習生募集中です!【勤】

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2016年05月

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top