Home > 2016年03月12日

2016年03月12日

ただいま文理中「新年度第二週です」

ウユニ


~はじめに~
 豊かな国と貧しい国の違いは資源の量です。豊かな国はものを持つためみんなで分けても余裕があります。ところが貧しい国はものがないので分けることができません。ものがなければ生産できません。お金になりません。偉い経済学の先生たちはまず資源の確保の重要性を説きます。皆さんで言えば知識です。知識が充実すれば少しずつ問題がとけるようになります。やがて自己解決もできるようになるでしょう。若いみなさんは今は選り好みせず文理でたくさん知識をがむしゃら集めましょう。


 ■□■文系週報■□■                     
 現小6は新中1として授業を始めています。中学生になると大きな違いは、覚えなければ書けない問題がたくさんあります。いくら応用が得意でも材料となる基礎知識がなければ考えようがありません。そこで毎日の楽しくわかりやすい授業と同時に、今から授業内で覚える練習も実施しています。暗記において慣れもコツがあります。受け皿となる頭を育てることは時間がかかります。今のような時間的余裕があるからできることがあります。新中1の生徒さんは新しい知識を備えるために楽しみながらみんなで競争しています。いっぱい吸収いっぱい力に変えちゃおう。


 ■□■理系週報■□■                     
 中2生の数学は「多項式の計算」と「単項式の乗除」の練習をしました。時間を意識するためストップウォッチを使用し制限内に力を出す訓練です。無制限な自由を与えると緊張感が得られずテストで使う実力が身に付きません。何度も繰り返すうちに少しずつ正確さが磨かれていきます。良いことも悪いことも次への教訓です。そこから学ぶ生徒の姿は早くも次回のテストが楽しみです。


 ■□■中島週報■□■                     
来週は小学生文理チャレンジテストです。科目は算数・国語の二科目です。先日小5の男子生徒からテスト範囲の質問を受けました。子どもはみんないい点数を取りたいものです。でもその中身を自分で詰める子は限られます。目標に向けて対象そのものを知ろうとすることは積極性の表れです。思わずニンマリ期待です。文チャレをきっかけに一生懸命取り組んだ勉強は後々必ず大きな力になります。小学生諸君!挑戦を楽しもう。みんなで文チャレに向けてがんばるゾ!

中学生向けに授業内で行う小テストの確認表を掲示しました。一階の廊下です。先生たちもみなさんの完成度をきちんと追いかけます。合否はもちろんのことですが、みなさんは復習時に自分の足跡がいつでも確認できるようにもなりました。上手に活用しましょう。


中島校責任者:小倉智史


~春期講習&入塾説明会~
 わかりやすく楽しい学校の先取り授業で、最高のスタートダッシュを決めませんか。毎週土曜説明会を午後6時から行います。ご都合のつかない方は是非お電話ください。個別のお時間をご用意させていただきます。

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2016年03月12日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top