Home > 2016年02月12日

2016年02月12日

グラビティウェイブ

こんにちは、河口湖校舎の森です。

グラビティ=重力

ウェイブ=波

そう「重力波」です。

決してアニメ等の必殺技ではありません。

まずは抜粋から

宇宙から届く「重力波」を米国の研究チームが世界で初めて検出したことが11日、関係者への取材で分かった。アインシュタインが100年前に存在を予言しながら未確認だった現象で、新たな天文学や物理学に道を開く歴史的な発見となった。今後の検証で正しさが揺るがなければ、ノーベル賞の受賞は確実だ。

 検出したのはカリフォルニア工科大とマサチューセッツ工科大などの共同研究チーム。米国の2カ所に設置した大型観測装置「LIGO」(ライゴ)の昨年9月以降のデータを解析し、重力波をキャッチしたことを確認した。」

100年前から予言されていたという事実も驚きですが、私が驚いたのはこちら

「遠くの重い星同士が互いの周りを回ることで生じる重力波は、地球と太陽との距離(約1億5000万キロ)がわずか水素原子1個分変化する程度の効果しかもたらさない。今回、LIGOは感度を向上させる改造を行い、検出に成功した。」

水素原子って一番小さい元素ですよね。
「すいへーりーべ・・・」の最初の「すい」ですよね。
そんなに小さい変化を見逃さない感度向上の改造がすごい。

この重力波の観測から宇宙誕生のなぞ解明まで行けるかもしれないと言うところもまたすごいです。

「謎」「未知」これらは人を引き付けます。

そして人は「挑戦」し続けるのです。

「解明」に到達するのは難しく、険しい道です。

しかし、どんな苦難にも負けず、真摯な態度であらゆる事象に向き合える人間になれるよう頑張りましょう!

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2016年02月12日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top