Home > 2015年12月25日

2015年12月25日

長田校(377回):【冬期講習日誌⑧12/25】

今日は少しのんびりです。

朝からお仕事ですが、中3の授業がお休みのため少し余裕を持って「多くのお仕事」ができています。補習をやったり、来年度に出すチラシの校正をしたり・・・今から中2Aクラスの「英語学調対策特別授業」です。はい、終わりましたが・・・まだまだ心配な生徒が少なくありません!!がんばります、生徒とともに!!中1Aクラスですが・・・はい、終わりました!!雰囲気が大変よろしいですね~。「あッ」という間に授業終了です!!このあと9:35~10:30まで「塾生と塾生になる生徒たちの学調対策授業」があります。本番形式にも十分に慣れておかないとね。
DSC_8840.jpg

話は変わりますが「勉強はなぜやらなければいけないのか?」というテーマで話をしたり、本を書いたりする人がいますが、それほど難しい話ではないのです。「勉強は学生がやるべきことだから」、「勉強を通じて実社会で必要なことを体得することができるから」、「勉強ができることでその先の進路に大きく影響するケースがあるから」の3点でしょう。何も難しい話ではないのです。いろいろな具体的ケースで考えてみてください。誰でもわかる、当たり前の話なんです。その中で1つ2つ書いておきましょう。

「学生がやるべきことだから」・・・ですが、人間って理由どうのこうのではなく「べき」ってありますよね。これがわからない人間は正直幼く身勝手であると私は考えます。「立場でやるべきことが必ずある」のです。そこに理由など微塵も必要はありません。それをわからせようとくどくど説明しなくてはならないような人間に対して時間を割く必要もないのです。

「実社会で必要なことを体得する」・・・仕事によりますが、みなさん普段生きていて「方程式」や「化学反応」、「歴史」といった知識を必要とするでしょうか??しないはずです。もちろん「知っていて得する」こともありますし、「知っていることで生活がちょっぴり豊かになる」ケースもあります。しかし、中学で勉強している内容を十分に理解していないと生活できないなんてことはありませんよね??勉強していて得られるもの・・・それは「目標を立てて達成していく力」、「我慢してやり抜く力」、「わからない、できないことを調べたり、先生に聞いたりしながら地道に紐解いていく力」などでしょう。これらの「力」はどれも社会人にとって不可欠なものだと思うのですがいかがでしょうか??ここ数年、いろいろなメディアから感じることは「若者に前日のような力が不足している」ということです。「楽な勉強をしていたり、勉強から逃げているようでは、力はつかない」のです。


物事を難しく考えたり、屁理屈を言ったり、御託を並べたり・・・そんな暇があったら「目の前にあるやるべきことを1つひとつやり遂げていけばいいんじゃない??」と私みたいな性格の人間から言わせれば思ってしまいます。「自分に言っているのかな?」と感じた人は何度も読み直してみてくださいね。あなたを悪く言っているのではないのです。「成功するための思考」の一端を書いてみただけですから。


日体大「集団行動」に感激!

昨晩、家に帰ってテレビをつけると「日本体育大学の集団行動特訓200日」という内容が放映されていました。見た方はいませんかね??私、非常に感動し涙が出ました。何に対してか??それは「人間ってこれほど難易度の高い技を、これほどまでにキッチリできるものなんだなぁ」ということにです。言葉で説明し辛いので、これ以上は書きませんが・・・凄く感動しました!!実際に現場で見ていたら、絶対号泣しています。

DSC_8824.jpgDSC_8825.jpgDSC_8827.jpgDSC_8829.jpgDSC_8830.jpg

今年も6日で終わってしまいます。
本当に1年って早いね。長田校の立ち上げと富士宮西校3年生(現高1)の受験指導などでバタバタしていた頃からもう1年経ってしまいました。夢中で走っていると年月が経つのなんて光の如し・・・だね。来年は更にアクセルを踏み加速していきますよ!!(笑)
【勤】

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2015年12月25日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top