Home > 2015年07月18日

2015年07月18日

長田校(200回):【満席情報+君に贈る~②】

夏期講習「満席情報」!!
小5、中2Aクラスは満席となりました!
皆さま大変ありがとうございました!
●9月からの入塾に関してはお問い合わせ下さい。どのクラスもまだまだ大丈夫です!



本日で長田校ブログも200回に到達!
読者の皆様、誠にありがとうございました!お陰様をもちましてとうとう200回でございます。プレハブ校舎での開校から4ヶ月半・・・1日2本弱のペースで書いている計算になりますね。決して暇なわけではないのですが・・・まぁ、習慣ですね。今年2月まで責任者として担当していた富士宮西校舎で書いたものを合わせると1,000本を超えました!!今度、見直してみよう。


中3英語「学調対策プレ授業」も本日最後。

6/27(土)、30(火)、7/4(土)、14(火)、18(土)と「学調形式問題」(長文読解中心)で出題傾向やよく出される問題に関してレクチャーを重ねてきました。塾生たちは「少し傾向に慣れた」感じがするのではないでしょうか?もちろん、まだまだ指導するべき内容はあります!リスニングや英作文、英問英答などなど、9/3(木)「学調」でよい結果が出せるよう指導を重ねていきます。同時に長田南中・長田西中では8月末に「前期期末テスト」があります。その対策授業も並行して実施していきます!(詳しくは夏期講習受講者に24日から連絡していきます)


中1英語補習授業は!?

今日は午後2時に約束して中1男子2名の英語特別補習をやりました。やった時間は2時間!しっかり指導することができました!レクチャーの中心は「この文はbe動詞の文なのか?一般動詞の文なのか?」ということ。実は、中2・中3で英語が苦手な生徒たちのほとんどが「動詞」を理解していないのです。それは中1で習った教師に大きな責任があります。中1のうちに一番身につけなくてはいけないのが「動詞の理解」なんですね。そこが心配な生徒と約束をして補習授業をキッチリやり切りました!お疲れさんね!!



君に贈る大切な話②
「君子は諸を己に求む。小人は諸を人に求む」

立派な人は原因を自分自身にあるのではと省みるが、人としてなってない人は他人に責任を転嫁する。

例えばテストの点が悪かった時に「直前の日曜日に部活の試合があって勉強できなかったもん」と言い訳をする生徒がいます。例えば仕事で失敗した場合に「部下の力がない、上司の指示が曖昧、市場が悪い」などと自分の行動や工夫の有無を棚に上げて他に責任転嫁する輩がいます。仮に様々な外的要因があったとしても、先を見て手を打っておけば失敗に繋がる原因を排除することができたり、その失敗を未然に防ぐことができるということが多々あるのです。「自分たちの努力や工夫の仕方で、何事においても成功を勝ち取ることができる」という言葉が骨の髄まで入っている人間にとっては「常に自身を省みる姿勢」ができているため、最終的には成功に繋げていくことができるもの。そうでない人間はいつも「誰か、何かのせいにすることで自分の感情のバランスを何とか保っている」のである。どうだろう??どちらの人間のほうが見ていて清々しく、付き合いやすいか?あなた自身はどちらの人間が好きだろうか??あなた自身は一皮剥いたとき「どちらの人間」であるのか???



別件ですが先日、お客様が突然長田校にいらっしゃいました。富士市から電車でわざわざお越しになったのですが、私の教え子の保護者の方でした。話の内容はここに書くことができませんが、大変ありがたかったのは1年半以上前に指導した生徒の保護者が私(私ども文理学院)を頼って遠方から来てくれたこと。また、当学院に対し非常に高い信頼をおいてくれていることがわかり感動的でした。本当にありがとうございました。【勤】

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2015年07月18日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top