Home > 2015年06月01日

2015年06月01日

狭い日本、シャカリキに急いで何処へ行く

早いもので、6月に入りました。
五月病はもう治ったでしょうか。
定期テストももう目前にまで迫ってきていますね。

どの学年も早くに来たり、自習室を利用したり非常に頑張って勉強してくれています。
プリントはありませんか、ここを教えて下さい、といい雰囲気です。
とても嬉しいです。

さて、話は変わりますが6月から自転車の罰則が強化されたのはご存知でしょうか。

手軽な交通手段として、通勤通学買い物に大活躍しますが、その実、軽車両に分類されています。

これまでも自転車の危険運転が取り沙汰されていましたが、今回の物はこれまでとは一味違います。

ついに「安全講習の義務化」がなされました。

違反または交通事故を3年以内に2回行った場合安全講習を受けなければならなくなりました。
受講料は5700円の3時間コースだそうです。
しかも無視したら5万円以下の罰金です。
「知らなかった」では済まされず、イエローカードと同じで一発リーチです。

これは厳しいですね。

では、何が違反行為になるのか。

警察が14項目あげているので詳しくは調べてみてください。

特に違反しがちなものは

①信号無視
 当たり前です。
②一時不停止
 やっていない人多いんじゃないでしょうか。
 「止まれ」の標識では自転車も一時停止しなければいけません。
③制動装置不良
 ブレーキがしっかり作動しない自転車に乗っていたらそれだけで違反です。
④安全運転義務違反
 これが最も引っかかりやすいでしょう。
 雨の日に傘差し運転していませんか。
 携帯スマホいじって運転していませんか。
 その他いろいろ危険運転はこれに当たります。

なんだか自動車みたいですね。
それもそのはず、上で書いた通り、自転車はれっきとした「軽車両」であり、クルマの仲間です。

そして、対象者は14歳以上のすべての自転車運転者。
高校生も対象です。
そのうち中学生も対象になるかもしれません。

勘違いしてほしくないのは「処罰される」から気を付けるのではなく、単純に「危険である」から気をつけてもらいたいのです。

自転車で通っている人、たくさんいます。
事故を起こしてからでは遅いのです。
安全運転を心掛けていきましょう。

駅南校舎:長倉

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2015年06月01日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top