Home > 2015年02月27日

2015年02月27日

長田校:凄いです!

★今、現在で40名の申し込みとなっています!★

説明会3回とチラシだけで「口コミ」が凄い!まだ、開校していないのに・・・嬉しいですね~!今日は「決起集会」ってものがありました!文理の決起集会の主な話は「生徒の学力を伸ばすにはどうすりゃいいの??」という話がメインでして、私も会の前半でお話をさせていただきました。詳しくは書きませんが「よい授業の定義」について2つのポイントでお話をしました。長田校責任者の小森先生も会の後半で「決意表明」をお話したのですが、滅茶苦茶燃えております!!2時間ほどの会でしたが、非常に素晴らしい会だったと思います。

開校前に書いておきたいのは、私たちは他の塾と一線を画しております。特に「教育理念」に関しては大きな違いがあると思います。ある大手予備校に勤める知り合いのところでも「決起集会」という名目で1月に会があったようですが、聞いてみると「どうやって生徒を集めるのか?売り上げを伸ばすのか?」という話がほとんどだったそうです。それは良いも悪いもないのですが、私たちの大切にしているものとは大きく異なります。私たちは、私たちの考え方・・・学習塾のあり方、教育のあり方、授業に対する考え、進路指導に対する考えなどに賛同いただけるご家庭に通っていただき、そのご家庭のために最善を尽くすのみであります。

話は変わり・・・小・中学生の学習や高校入試で「パソコン指導や映像指導が本当に必要でしょうか?」小・中学生のお子さんを持つお父さん、お母さんたちで大学受験を経験されている方々はどのように勉強していたのでしょうか?PCや映像を使って勉強していたのでしょうか??私に言わせれば「PCや映像を使って指導するというのは目先を変え集客するための謳い文句にしか過ぎない」のです。PCやタブレット端末を使った指導がそれほど素晴らしいのなら、多くの生徒が素晴らしい結果を残せているのなら、大手予備校が運営するPC学習指導部門が各地で撤退を決めていないはずです。実際、私たち文理学院が校舎展開している地域でも、そのような指導部門が複数校撤退を決めています。ただし、そのような指導にマッチする生徒さんもいるはずです。その方たちはその学習方法で良いのです。もし、このブログをお読みになっている方で「PCを使用した学習塾に通っているけど・・・成績が伸び悩んでいる」方々がいらっしゃいましたら、1度「文理学院の門」を叩いてみるのもいいかもしれません。

私たちの塾は「昔ながらの学習塾」に近い、face to faceで指導する学習塾です。「生徒の様子をよく見て、状況に応じた指導をする」のが私たち文理の教師です。体験授業と春期講習を受講いただければ、ここに書いた意味がわかっていただけると思います。

問題は・・・教室のキャパシティー(収容能力)です!4月末(または5月GW明け)まではプレハブの仮校舎で授業のため、1クラス最大18名です!本当にお早目にお申込み下さいね!

明日は第4回説明会です!【勤】

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2015年02月27日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top