Home > 2014年12月13日

2014年12月13日

へっちゃらへっちゃら

 御殿場校舎はセンター試験を間近に控えた多くの高3生が夜遅くまで受験勉強している。A君は絶対国公立大学に入りたいと毎日誰よりも遅くまで自習室で頑張っている。お家の方に迷惑は掛けられないから彼の自宅まで送るのは自分の役目。彼を自宅前で降ろすと時計は深夜1時近い。

 御殿場校舎に来てからもうすぐ11年。今までに何人の生徒を自宅まで送っただろう。数えきれない。早朝特訓に参加してもらうために朝4時に生徒の自宅へ迎えに行ったこともあった。やる気がある子にはとことん付き合う。これが文理流、こちらは全然苦にならない。絶対生徒のためになっていると思ってやっているから。

 上記の様な事を自分のフェイスブックに載せたら、今年静岡大学を卒業して某鉄道会社に就職した教え子のO君からこんなコメントが返ってきた。

「私も送ってもらった一人ですが、当時のことを振り返るとたくさんの人に支えてもらっていたんだと今では感謝の気持ちでいっぱいです。
こういった労力を惜しまず生徒一人一人と真剣に向き合ってくれる塾は少ないと思います。社会人になって改めて文理の凄さを知った気がします。」


O君は前期試験で失敗し、全てを静岡大学の後期試験に賭けた。倍率は26倍。彼のお父さんから絶対静岡大学に入れてくれと頭を下げられた。お父さんは受験票を仏壇に置いて毎日祈った。彼は奇跡を信じて前日まで努力を続けた。

そして夢は現実となった。文理の職員室でお互いの掌が折れてしまうくらい力いっぱい握手をした。


 今年も大晦日の高3年越し自主勉強会が迫ってきた。大好きなサザンが出場する紅白歌合戦は今年も見れないけどへっちゃらへっちゃら(笑)今年最後の大仕事も笑顔で頑張ろう。
1458646_183574635178507_686474084_n.jpg
1505382_189526817916622_981712407_n.jpg

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2014年12月13日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top