Home > 2014年08月01日

2014年08月01日

いただきものと、夏期講習               川島田

生徒のみなさまの自宅に、毎晩のように飛来してくる
カブトムシを数匹いただきまして、
沼津の自宅で大切に育てております

うちの息子たちが毎日のように、カゴから出して遊ぶ姿を見ていて、
自分もこうだったと、懐かしく思うところもあり、
明け方まで続くオス同士のケンカの羽音で、
目が覚めている現実に、夏と加齢を感じる今日この頃です


さて、8月になり、
夏期講習も各学年とも、3日目を迎えております
みんな初めは堅かった表情が、だんだんと笑顔が増え、
普段の姿が見られる時期になり、授業でも自然な笑い声がでるようになってきました
中12年は9月の授業先取りで、
不定詞や一次関数など、チョ―大事なところですが、
授業中の真剣な顔と、その笑い声とのバランスが、「文理だなぁ」と感じます


じつはこの7月におこなっていた、全学年
「7月中に学校の宿題をおわらせようキャンペーン」
が、昨日で無事おわりました
何人かは今日になってしまいましたが、それでも今日の午前中から
文理の自習室に来て、黙々と宿題に向き合っていました

小学生は全5回なので、半分以上が終わりましたが、いかがでしょうか?
1学期の復習内容の、学校よりむずかしい!という声が上がる問題と
しっかり向き合っている子供たちの姿が目の前にあります

こんな短期間でも、あっという間に「成長」するんです!!

このあと、夏期講習生には、この夏の「報告会」を全員行いますので、
わからなかったところや、できたところの自慢などいっぱいしてください!
そして
いろいろな話の中で、自身でその「成長」を感じられる夏になること、期待しています


文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2014年08月01日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top