Home > 2014年06月02日

2014年06月02日

『ありがとう』を体感

こんにちは

2のつく日のムラマツです。

先日こんなことがありました。

昭和校舎の校舎長である佐藤先生と、お仕事のあとに
某コンビニでW杯について語り合っていた時のお話です。

深夜のコンビニ前で、しっとり熱い話をしているさなか突然

キキーーーーーーーーーー!!!
キュルキュルキュル!

というけたたましいタイヤの音がしたのです。

なんだっ!?

と振り返って見ると

目の前でタクシーが歩道を越え、ガラス張りの建物に突っ込む瞬間でした。

もちろん、目を疑いました。
目の前で起きてる出来事が本当に現実で起こっていることなのか?と

でも、ガラスの割れる音、目の前で壊れたタクシーを見て我に返り
なんとか運転手の人を降ろして、エンジンを停止させて警察の到着を待ちました。

そんな中で
佐藤先生と
「もし、万が一その建物の前にいたら、もし、対向車があと数秒早く車を動かしていたら、その前の信号が青だったら・・・」

など、様々な可能性を考えました。
たしかに、もしそうだとしたら単独事故ではなく、巻き込まれていたのかもしれません。

そうなんです、今自分がここにいるのも
これまでたくさんの奇跡の積み重ねの上で、存在することができているのだなと
今の自分や、その周りにいる人などなどがとてもありがたく感じました。

いま、自分の周りにあるもの全てが『有り難い』ものであり、
今の自分を築いてくれたありがたい存在なのだということを改めて感じました。


この文章を読んでいる生徒のみんなは、多分そんな経験をしたことはそうそうないと思います。

また、普段から周りに感謝して生きている人も、そんなにいないと思います。
だからこそ今日はムラマツからみなさんに伝えたいです。

親、家族、友達、関係のある人たちみんなに感謝の心を持って下さい。今ある状況を悲観することなく、前向きに生きてください。

この気持ちを持つだけで、
より人生が豊かになると思います。


ムラマツももっと早く気付きたかったこの気持ちです。
~だったら、~れば
という話をすればきりがないのですが、
実際人生とはその一瞬一瞬の選択の連続です。
その一つ一つの選択が薄くても積み重なり、未来の自分に繋がっていくものです。

今日は柄にもなく、教訓を交えて、ブログを更新しました。


さて、テスト対策が終わりました。

テスト対策が終わると、いつも不安です。
対策でやったことをちゃんと発揮できるかな?
満足した点数を取れるかな?
次に来るときに笑顔で来てくれるかな?
などなど

結果は大事です。でも、その過程はもっと大事です。


皆さんの頑張りは私たちが見逃すことなく、しっかり記憶しています。
だから、よくても悪くても、その反省、コツなどを次に繋げるようにしましょう。

また一週間経ったら、期末テスト対策です。
この中間の結果を、どう次に反映させられるか!
結果を受けて、普段の勉強をどう変えるのか!
それもまた、皆さんの選択の一つです。

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2014年06月02日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top