Home > 2014年02月07日

2014年02月07日

2月といえば、期末テスト対策中        川島田

2月、後期期末テストが迫ってきました

文理では「当然」「各中学ごとのテスト対策」の真っ最中です!



①3週間前から「対策」スタート
 各人の目標点や、目標順位を決める
 そして、各週ごとに各科目の先生から「課題」が、「〆切」とともに出されます 
 たとえば、理科なら
 ~2/2までに学校の教材(理科の学習)を○○ページまで
 という具合 
 テスト範囲なんてでてないから、文理から確実にテスト範囲になる!
 というところを先に指定し実施



②2/5にテスト範囲が学校から正式発表  と
 学校ごと(出題範囲ごと)のクラス割りに変更
 
 改めて文理から出してある「課題」の修正
 場合によっては、学校の先生から特別プリントが出るので、それを回収し、文理の先生がチェック!
 予想される問題にあわせ、授業内容を調整



③週ごとの課題はテスト範囲にあわせ、細かく調整(やらないところや追加ページや項目) 
 もちろん部活などがあって、できない、来れない人もいるので、
 同日の夜に「空きコマ」の設定
 週の課題は終わるまで、残ってOK  
 時間の使い方が下手な子はどこにでもいます 一緒に頑張りましょう!!
 
やるべきこと(must)とやれること(can)を明確にして勉強をすすめていく
やりたいこと(will)もやれるよう、時間を指定して意識のバランスをとる




④質問に100%答えるため、質問ができる時間をつくる
 & 質問に来づらい子には、こちらから声をかける 

 そのために
 1、どの教科を、どの先生にきいてもOK  聞きやすい先生に聞こう! 
 2、自習室はいつでも、何時からでも、何時まででも使用OK
 3、親と学校に報告してあれば、学校帰りに寄っても、塾終了後も残ってもOK

 という生徒と約束をしています



⑤自主勉強を大事にし、見直しとやり直しの反復練習
 「間違い」が減れば、点は上がります 

 個々に苦手や弱点は違います 何度やっても間違う問題も有ります
 その問題に向き合う時間と、向き合い方が最も重要なのです
 高校に行った時、忙しさとうまく付き合えるかが武器の1つになります
 ですから、川島田校のテスト前の最後の日曜の時間割には、
 終わりの時間が明記されてません 
 人によって異なる、『できる』ときまで、面倒見ます
 



⑥最終チェックは直接、先生と!
 生徒「やりました」 → 先生「じゃぁ一緒に確認してみよう」 
 「やった」ことが評価になることは多々ある
 でも、テストは「できた」かどうかを試されるもの
 だから、個人のバラバラな判断ではなく、個人が決めた目標に届くように、
 先生たちがしっかり「できる」か、チェックしていきます



実はコレ、一昨年のブログをコピーし、日付を変えたものですが、
ちょうど、今うちの生徒たちが行っている内容だったので、再度登場しました!



塾選びをされている方、
あるいは、検討させている方、
是非とも、毎週土曜18:00~の「新年度説明会」にご参加ください
また体験を希望の方はお問い合わせください

なにより、多くのお子様をお預けくださっている保護者のみなさま、
文理川島田校に通われている生徒たちの「今」は、このような日々です!!
ハードな日程、多くの誘惑…負けずに頑張る生徒たちの応援、
よろしくお願いいたします






文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2014年02月07日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top