Home > 2013年08月05日

2013年08月05日

お初にかかります、こんにちは森田です。

突然ですが、皆さんは注意を払って物事を観察していますか?
例えば部活の試合で相手選手がどんなプレイをしてくるか、
自由研究や美術のときには目の前の対象物がどんな造形をしているか、
またクラスやチームがどのような方向を見ているか、
などなど例を挙げだしたらきりがありません。
注意や観察を怠ると人は時に脱輪をします、気をつけましょう!

上記のことは問題を解くときにも
同じことが言えるんじゃないでしょうか。
問題が出てきたらその問題が何を伝えたいのか、
どのように立ち向かってくるのかを時間を決めて
じっくり観察しましょう。そして何か気づいたことを
書き出していきます。そんな風に問題を解いていますか?
そうやって問題とコミュニケーションをとると捉えたら
勉強が少しは苦でなくなっては・・・

はい、こないですね。

やらされるものから、やるものへ!
起こせ自分の中のイノベーション!

広見校 森田

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2013年08月05日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top