Home > 2013年04月20日

2013年04月20日

金時山に負けず・・・小学生英語      川島田

川島田校の毎週金曜日は
小学生の英語の授業
たいへんにぎやかに、そしてなにより
実に楽しそうにやっている

この春から
初めて英語を習っているクラスでは
黒板に書かれた「単語」をひとりひとり
文字に音をはめて読む
練習をしている

desk-
「Sは、エスとは読まず、「ス」って読むから…」
「Kはクだから…」
などと
小言のようにぶつぶついいながら、
「あっ!!  わかった!!」
なんて具合にね

文理の英語は、
ここの部分、英語を『読める』ことを重視しているからこそ、
楽しそうに、
パズルをとくように、
単語の読みのあてっこ大会をしているのだ
一人の子がわかると、くやしいんだね・・
小さな競争心に火がついたのが、すごくよくわかる
今週はスポーツシリーズや
食べ物シリーズの単語を読み当てていました



そのクラスの中に、
他の塾で1年、あるいは半年以上英語を習っていた生徒が複数いる
「このクラスではつまらないかな?」と案じたこともあり、
感想を聞くと、

 とっても 新鮮!! らしい
  そして
 すっげぇ たのしい!! そうだ 

考えてみたら、
私も初めて英語をならった中学のとき
なんで、bus を バス って読むか、ダーレも教えてくれなかったな…と


理由がわかれば、
理屈がわかれば、
そりゃ楽しいわな


競争心とわかる授業―

今週は学校の登山遠足と日程が重なって、疲労で来られない子が何人かでるかな?
と思っていましたが、、、
なんと全員出席!!
そして
めちゃめちゃ元気に、
そして全力で単語を読もうと挑戦していました!
ほんとにすごいね

金時山に負けずに最高の笑顔!
言うことなし!!







文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2013年04月20日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top