Home > 2012年12月06日

2012年12月06日

駅南校舎高等部より

“Here comes the first day of my life, the rest of my life.”

「僕の残りの人生の最初の一日が始まる」

妙に心に残る言葉です。
先日、文理に向かう車窓から富士山にかかる笠雲を眺めていたとき、ふと浮かんできた言葉です。高校生のみなさんに置き換えると、さしずめ「定期試験までに残された最初の一日」であり「センター試験までの最初の一日」であろうかと思います。
確かに、目標のXデーに向け、指折りカウントダウンしてゆくのもモチベーションをあげる一つの手ですが、時に疲れてしまうこともありませんか?
私はこの言葉は、「日々新たな気持ちで一日を迎えよう!」昨日の成功失敗を越え、気持ちをリセットし直して、ただその一日を黙々と過ごしてゆけとのメッセージだと受け止めたい。

一日単位での成長を考えよう。

今日、また頑張ろう。
今日、昨日より効率よく時間を使おう。
今日、昨日できなかった質問をしてみよう。
今日、昨日まで知らなかったことを1つでも覚えたなら、自分で自分を誉めよう。


互いに成長してゆきましょう。
残りの日々を数えるより、新たな今日の一日に賭けてゆきましょう。

皆さんの成長と成功を心から祈る駅南坊主でした

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2012年12月06日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top