Home > 2012年12月01日

2012年12月01日

11月テスト&検定速報第1弾

こんばんわ 今、冬期説明会終了しました。多くのご参加本当にありがとうございました!
11月テスト速報です。中3のみ判明しました。
学年TOP3に文理生2名(237点226点)!
学年TOP22に文理生16名(上記2名に加え222点221点221点219点214点209点208点205点203点202点201点200点200点200点)
学校平均点差が一番ついたのが社会で+8.7 次が国語+8.4 国語は平均点差がつきづらい教科なのにこの結果!菊池先生えらい! ちなみに一番平均点差がつかなかったのが自分が教えている理科で+6.9すいませぬ…
上位陣も凄い!!数学45点以上は全員文理生(3名)理科45点以上も全員文理生(と言っても1人ですが。おしょうサンキュー!)
中1・中2は判明次第報告します。

次は検定速報!
小6で出ました!英検準2級!ちなみに自分は3級しかもっていません。
中3漢検2級合格!この子は237点の生徒です。


話は変わりますが、29日(木)の会議は個人的に勉強になりました!(ほとんど発言していませんが、フムフム納得のご意見ばかり)

①提供している授業・発言を保護者を目の前にしても自信を持ってやれる授業・発言か?
 ⇒本音を言うと保護者が来たら少しよそいきの授業をするでしょうね。まだまだです。
  自分たちは常に生徒・保護者に対し「最高のサービス」を提供せねばならんですよね。そうしなきゃ負けちゃいます。反省するとともに、「やるぞ」という気にさせる発言でした。
②自分がうまくいかない時にすぐに他者に責任の所在を求めることは、自分の成長を止めることである。
 ⇒この件は、帰ってすぐに中3Sの授業で話しました。
 「テストで結果が悪かった時、先生の出題する問題が悪いだの、教え方が悪いだの、他者のせいにすぐする生徒がいるが、それじゃダメ!本当に謙虚であればまず自分に何か落ち度がないか反省するはずです。先生もそうです。今回の理科でキミたちの点数が低かった原因は先生自身にある(自分はS全員に50点満点をとらせようと思っている≪本当です!!≫のですが、今回のテストを見ると自分が教えていないことが何と3問も出題されていた)と先生が思わなかったらその先もっといい授業は提供できないし、次への反省になりません。という風にお互いが自省することができるのが日本人の素晴らしいところなんです。」って感じで

はるばる山梨まで行くのはなかなかしんどいですが、行って良かったです。会議で発言してくれた先生方ありがとうございました。「なかなかいい会社じゃん」と思いました。 中川

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2012年12月01日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top