Home > 2012年08月29日

2012年08月29日

‘その道の達人’の言葉

 こんにちは。大西先生です。‘長いようで短い・短いようで長い夏休み’があっという間に終わりましたね。ひとりひとり‘充実した夏’を過ごしたでしょうか。‘悔いの(少)ない勉強の夏’を過ごしたでしょうか。

 今回は‘その道を極めた二人の著名人の方の言葉’を紹介します。それぞれ全く別の世界の頂に立ったお二人ですが驚くほど同じ内容のことを言っています。‘一芸は他芸に通ず’といったところでしょか。

 ‘羽生善治’氏(プロ将棋士)

 「三流は人の話をきかない。二流は人の話をきく。一流は人の話をきいて実行する。超一流は人の話をきいて工夫する。」

 ‘三浦知良’氏(プロサッカー選手)

 「学ばない者は人のせいにする。学び始めた者は自分のせいにする。学び続ける者は誰のせいにもしない。僕は学び続ける者でありたい。」

 ‘学び続ける超一流の言葉’のなんと重く深いことでしょう。‘金言’とはこういった言葉をいうのでしょう。‘キングカズ’にはなれなくとも‘キングカズ’と同じように‘学び続ける者’でありたいものです。‘羽生さん’にはなれなくとも‘人の話をきき実行・工夫する’ことは誰にでも出来ます。

 みなさんは何を感じたでしょうか。‘都合良く結果だけを求める’前に、‘出るべくして出た結果に対して嘆く’前に、‘他の誰かのせいにする’前に、私たちにはやることがあります。‘学び続ける者’であり続けること。‘人の話をきき実行・工夫する’こと。‘二人の超一流の学び続ける者’が教えてくれています。

 最後にもうひとつ私の好きな言葉を紹介します。‘葉っぱのフレディ’という絵本の著者であるレオ・ブスカリアという作家の言葉です。

 ‘「僕はずっと山に登りたいと思っている。・・・・・・・・・・・・でも明日にしよう」
  おそらくあなたは永遠に登らないでしょう。’

 ‘永遠に来ない明日’を‘待つだけ’か。‘今日・今・ここ’を‘その日とする’か。決めるのは‘自分’。

 たまには短めに終わります。またよろしくお付き合いください。どうもありがとうございました。


 

 

 

 

 

 

 

 


文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2012年08月29日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top