Home > 2012年07月06日

2012年07月06日

高みに登って見える景色

人はなぜ高いところに行きたいのでしょう。

それは,

高いところからしか見る事ができない景色を見たいからではないでしょうか。

映像ではなく,自分自身の目で,しっかりと。

そして,そこでは新しい景色がただ見えるだけではなく,
そこまでの努力や思いが加わり,
到達できた達成感が,
その景色をさらに彩り,深みを増していきます。

先日,山登りではない形で,高みに登ってきました。

5月の連休の時に,
ダメもとで応募した東京スカイツリーの抽選予約に偶然当選し,
2ヶ月待って,展望台からの景色を楽しんできました。

昨年,お台場の日本科学未来館で見た「東京スカイツリー展」で,
建設技術の高さに驚き,テレビの特番で人間ドラマを観て,
是非とも体感してみたいと強く思っていました。

一気に上るエレベーターはとても速く,
ドアが開くと地上350mの景色がまぶしいほどに広がり,
450mからの景色はさらに別の光景が広がりました。

東京,神奈川,千葉,埼玉,そして関東平野が見渡せます。

この景色の中に,数1000万人が生活をしている。
このタワーを目指して多くの人がやってくる。

何か色々なことを考えてしまいました。

ただ景色を見る事が出来ただけではなく,

建設に関わった人のこと,
地域の人のこと,
訪れる人のこと,
「人」をすごく感じ,考えることができました。

勉強することも,
自分を高いレベルに上げていこうとすることも,
新しいことが見え,
視野が広がっていくことではないでしょうか。
ちょっとでも努力して上を目指すことは,
新しい世界が体験できるとても楽しいことですね。
そして,スカイツリーのように,
そんな人に人は集まってくるのではないでしょうか。

スカイツリー①

◆350mからの景色
スカイツリー②

◆450mからの景色
スカイツリー③

先ほどラジオで,
七夕の短冊に,
「まわりの人がみんな幸せになれますように」
と書いたという話をしていました。
自分以外のために願い事を書けますか?

この夏,
学力も,
人間力も,
上へ,上へ,もっと上へ。

杉本

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2012年07月06日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top