Home > 2012年06月12日

2012年06月12日

夏期講習情報⑦+etc

宮四中2年生・・・風邪が流行っているのかな?今日は熱が出て欠席の生徒が数人おりますなぁ。お大事にねッ!!僕はあまり風邪をひかなくなったのですが、理由の1つに「エアコンを使わない」ことだと思っています。家ではもちろん、文理でも生徒の協力のもとあまりエアコンを使用しません。「常温で暮らすのが一番ですよ!」

さて、話は変わりまして昨日のチラシは見ていただけたでしょうか?『今からでも遅くない、文理ならッ!!』・・・・・ということで只今『夏期講習生募集中』です。昨日、今日はそのチラシの影響もあり、四中生・北山中生が3名、夏期(または即入塾)に来てくれるそうですッ!!S君、Hさん、M君お待ちしています!
次回説明会は6/16(土)午後6:00からです!


さてさて、巷(ちまた)では『消費税増税の議論』が盛り上がっていますが、ちょっと以下の文を読んでみてください。
毎日新聞の社説『軽減税率の導入に動け』より(一部割愛)
 消費税率引き上げを柱とする税と社会保障の一体改革に関する与野党修正協議に際して、軽減税率の導入を求めたい。政府は目先の財源確保を急ぐあまり軽減税率の検討に後ろ向きだ。だが、急速な少子高齢化が進むなか、適正な社会保障水準を維持し財政赤字を管理しようとすれば、20%前後への消費税率の引き上げを展望せざるを得ないとの見方が強い。消費税は低所得者ほど相対的に負担が重くなる逆進性を抱える。軽減税率なしで、消費税率の引き上げを納税者が受け入れていくだろうか。今回の修正協議を好機に、軽減税率の導入を決断すべきだ。
◇逆進性緩和の決め手
 欧州と日本の消費税制度の最大の違いは、欧州ではほとんどの国が標準税率と軽減税率の複数税率を採用していることだ。例えばドイツの例をみると、標準税率は19%だが、食料品、水道水、新聞・雑誌、書籍、旅客輸送などに軽減税率7%が適用されている。英国では軽減税率が5%と0%のふた通りあり、5%は家庭用燃料や電力、0%は食料品、水道水、新聞・書籍などである。
 軽減税率は消費税の逆進性を緩和する非常に明快な方法である。欧州ではしばしば消費税率が引き上げられてきたが、国民の反対はさほど強くない。暮らしの基幹を支える食料品等に軽減税率が適用されていることが大きい。これなしで消費税が欧州の納税者の支持を得るのは難しかった、と考えられている。


以上の意見には両手を挙げて賛成なのですが・・・国会中継を聞いていたら色々な問題もあるようです。例えばある国では「食料品によって税率が異なる」場合があるそうです。例えば食品Aには5%、食品Bには10%のような・・・すると非常に分かりづらくなるのと同時に、食品Bを扱う業者が政治家にわいろを渡し食品Aの仲間に入れてもらうなどし政治家との癒着に繋がりかねないという話を聞きました。

そもそも『政治というのは本来国民のために行われるものですから、国民に分かりやすくしかも公平であるべき』なんですよ。しかしながらどの国でも抱えている問題ではあると思うのですが『シンプルさに欠く政治』や『政治家(また、政治家に近しい人々)に都合がよい政治』になっている場合が多く『国民のための政治』となっていないのでありますね~。もちろん立派な政治家の方々も多いのでしょうが、国会中継を聞くたびにこの国の行く末にため息が出てしまうのは僕だけではないでしょうな~。ぜひとも、アメリカ合衆国第16代大統領リンカーンがゲティスバーグで演説した有名なことば『Government of the people, by the peole, for the people!』の『For the people』をより意識した政治をしてもらいたいものです!

ちなみに『僕の勝手な国家戦略』の一部を紹介しますと(笑)・・・ここ、適当に読んでください。だって僕、政治家じゃないし(笑)・・・①エネルギー革命の推進!(太陽光発電の全家庭への普及などなど)、②食料自給率を80%以上の食料大国に!(農業従事者の保護、農地開拓などなど)、③公務員の大幅削減と業務の民間委託大幅増!(雇用促進などなどに効果あり)、④観光大国ニッポン!(古きよき日本を取り戻し、他のアジアや欧米の国々との差別化を図る)、⑤技術革新!(自動車やPCなどの機械類を更に進化させる)
以上5つが主なものですが、現状と未来を見据えたら、結構「的を得ている」と思うのですがいかがでしょうか?(・・・って書いても政治家が見ているわけはないか・・・)こんなことは『国家戦略』として大鉈を振るわなければできないためチャンスがあったら、それをできる立場になりたいと思いますが・・・絶対にチャンスはないでしょう(泣)。塾生諸君!!一生懸命勉強してくれ!そしてその中から立派な政治家が出てくれ「日本を変えていく人物が登場することを期待しているぜ!」頼む!!

さて、最後に「今日の写真コーナー」です。(このコーナーは今、作られました)
DSC_0338.jpgDSC_0339.jpgDSC_0340.jpgDSC_0341.jpgDSC_0342.jpgDSC_0343.jpg
「犬」は人間みたいな顔をしているので新聞に載っていたのを撮ってみました。(笑)本当に人間みたい!(笑)
残りの写真はずっと気になっていかなかった北欧雑貨を扱う小さなお店です。本日ちょっと寄ってみました。本当に可愛い雑貨が置いてありまして・・・ムーミンのコーヒーカップがとてもよかったので次回買いたいと思います。(勤)

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2012年06月12日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top