Home > 2012年04月24日

2012年04月24日

ビフォー☆アフターがやばい!


感激したので、
さっそくブログを書きます

今、中学2年生の子どもたちに、
先日行った到達度テストの直しノート
少しずつ作ってもらっています

早稲田が提出してもらっている
直しノートは…
ちょっと大変だと思いますφ(@_@;)

まずノートを縦半分に分けてもらって、
左側には
①間違えた問題
②自分の答え

右側には
③正しい答え
④解説

を、書いてもらっているからです。


「どうしてこのような
答えになるのか

考えて欲しいので、
自分で解説を作ってもらっています。

そしてそれを提出してもらって、
早稲田が目を通して訂正したり、
類似問題をつけたりする…
といった具合です。


ノートを半分に分けて
問題と正解を書いてもらうのは、
後で右側を隠すと、
何度も解ける

というメリットがあるからです。

間違えた答えも書いてもらうのは、
解き直しの際に
同じ間違いをしないため、
そして早稲田が
間違いを把握するためです。

どういう風に間違えたかがわかると、
解説が書きやすいですからネ



この直しノートを作ってもらって
早2週間…。

1回目の提出の際には、
結構細かく指導させていただきました。

しっかり作らないと、
時間の無駄で終わっちゃいますからね。

先週末、2回目の提出をしてもらいました

そこで早稲田が目にしたのは

1回目とは比べ物にならないほどの、
超素晴らしい直しノートの数々…

実物をブログにのせたいくらいですが、
本人に許可をとるのを忘れたので、
残念ながら、今日は報告だけにしますね。

直しノートを作ることで、
なんとなく解いていた問題を、
根拠をもって解くように
習慣づけていきたいと思います。

そして、
直しのノートは作るだけでは
意味がありません。

先に書きましたが、
何度も繰り返し解くことに
意味があるのです。

このノートを受験まで作り続けたら、
それが自分にぴったり合った
世界に一つだけの参考書
になるので、
今からしっかり頑張っていきましょう

今日はうさぎについて
書かない早稲田でした。

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2012年04月24日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top