Home > 2012年04月10日

2012年04月10日

七転び八起き

初めまして!澤です!

“七転び八起き”って
なんで八回も起き上がっちゃうの??」

これは先日、自習に来ていた生徒がこぼした一言です。

普通に考えたら転んだのが7回であれば、
起き上がるのも7回のはず・・・何故8回なのか?

生徒の疑問に答えるべく、家に帰って調べてみました!
諸説あるようですが、いくつか紹介します。

①最初から立っているのを1回とカウントする。
②起き上がるということを強調するために、1回分多い。
③7や8はそもそも具体的な回数として使っているのではなく、
 多いことを表す数として用いられている。

なるほど!どの説も納得できるように思います!
「気になったら調べる」これが僕の人生で実行してきたことです。
(まだまだ知らないことは山のようにあるはずですが・・)

知っていて無駄になる知識はないと思うので、
小学生、中学生、高校生にも実践してほしいと思います。
知識を手に入れるアプローチの仕方は様々ですが、
本やインターネットなど手段は多様にあります。
使わない手はないですよね!
これからも「気になったら調べる」の
スタイルで頑張っていきたいなと思っています。

ちなみに、英語で“七転び八起き”は
“ups and downs”と言います。転んで(downs)
立ち上がる(ups)ということですね。

Life is full of ups and downs.
(人生は七転び八起きだね。)
生活の中に“七転び八起き”はツキモノ!

諦めずに目の前の困難と向き合えば、
必ず解決の糸口は見えてくると思います・・・と、
自分への言葉でもあるのですが(笑)

とにかく、“七転び八起き”は納得でした!

広見 澤






文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2012年04月10日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top