Home > 2011年12月23日

2011年12月23日

九州最高!パート4(熊本最高!の巻)

本日冬期講習初日!!やる気がふつふつ湧いてきて
朝5時過ぎに起きちまっただよ!さぁ、中3は受験校合格へ向け、中1・中2生は1.11「学調」へ向け、小学生は未来の自分のために、がんばっていきましょう!!

さて、今日は哲学者アランの言葉を紹介しながら九州熊本の旅行記へいきたいと思います。アランはこんなことを申しております。
「幸せだから笑うのではない、笑っているから幸せになるのだ」と。うんうん!そう思いますアランさん!!この言葉、2011年の締めくくりとして、2012年のスタートとして皆様へも贈りたいと思います。

さて、熊本です。何年かぶりに行きますが「阿蘇草千里」も含め何度も訪れている場所「熊本」。今回は新たな発見もありとっても楽しい旅となりました。まずは熊本城!
「熊本城」の「熊」はもともと「隈」で「隈本城」というものが応仁の乱があった時期(1467~)には存在していました。現在の熊本城は1601~1607にかけて(江戸時代の始まりの頃)加藤清正公が築城したものであります。加藤清正公がこのお城と熊本の街の基礎を創り上げたので熊本市民には絶大な人気があるようです。城の敷地内に入って先ず目にするのは「急勾配の石垣」です。これは『武者返し』と呼ばれるもので敵の侵入を阻止するために考案されたものですが当時の建築技術の粋を集めて作ったものだそうです。このレベルの『武者返し』は熊本城でしか拝見できないものですので是非一度行ってみて下さい!!
加藤清正武者返し熊本城熊本城2
さて、その天守閣ですが本当に男らしくすばらしいと思いませんか?何度みても「いい城だなぁぁぁ~」と思うわけです。で、僕のお気に入りの「宇土櫓」です↓↓。「櫓」とは簡単に言うと「武器庫 兼 駐屯場所」です。中に入って一番上まで行けるのですが「あ~ここで武士たちは戦いに備えていたんだなぁ~」とシミジミ感じるわけです。やはり現地を訪れることで学ぶ、肌で感じる部分があるのですなぁぁぁ。
宇土櫓宇土櫓2宇土櫓より
熊本城について詳しく知りたい方は以下にアクセス!
↓↓↓↓↓
www.manyou-kumamoto.jp/castle/

さて、グルメ話です。今回の発見は「馬肉はこんなに旨い!」
「旨い馬肉は本当にウマイッ!」ということです。
行ったお店は「むつ五郎」という銀杏通り花畑町にあるお店。まずは生ビールを注文しお通しで出てきたのは「馬の肺」。馬ッ!(ウマッ!)いきなりの先制パンチに脳がゆらゆら~。。。女将が「静岡から来なさったなら馬さしを是非」と促がされるままに注文。出てきた「桜肉」(馬肉は桜の花びらのようなので、桜とも呼ばれています)はもう最高!馬ッ馬ッ!(ウマッウマッ!)そして〆に注文は「握り」と「馬汁」。女将が大きな声で・・・
「ニギリ、バジル、ワンワン!」
そしたら数席向こうで飲んでいた酔っ払いのお医者さん(同い年くらいか、少々下かで女性2名を連れていましたが、大して・・・。常連さんなのかな?)が大声で・・・
「なにぃぃ~??ニギリバジルワンワンってぇぇぇ~??」
確かに、その言い方って・・・なんか・・・何を注文したのかぁぁぁ。笑えましたけどね。で、出てきたのは以下の写真です。いやぁぁぁ本当に『馬勝った!』です。ぜひまた寄らせて頂きたいですなぁぁぁ~!!ありがとう!至福の時間を!
馬の肺馬さし馬汁馬肉にぎり
ただ今、冬期講習初日を終えました。中1、中3の生徒諸君!「お疲れ~、カツカレ~、ポークカレ~!!」と、いうことで最後の「熊本ラーメン」の紹介をして終わりにしたいと思います。実は熊本もなかなかのラーメン王国ですぞッ!卵が1つのっているのは『桂花』のラーメン。卵が4つのっているのが『味干』のラーメン。個人的には『味干』の味が気に入りました。静岡には熊本ラーメンのお店ってあるのかなぁ??あったら行きたいので情報をお持ちの方、是非教えて下さい。お願いします!!(熊本のキャラクター「くまもん」かわいいよね)
熊本(桂花)熊本(味干)くまもん
さぁ、明日は冬期講習2日目!更に気合いを入れてがんばりますぜッ!!中2、中3諸君!!元気においでませ~!!(勤)

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2011年12月23日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top