Home > 2011年11月01日

2011年11月01日

10月の言葉たち

10月綴ってきた言葉たちです。
10月も,都留校舎のS.O君,そして上野原校舎のY.K君にいっぱい言葉をもらいました。
感謝,感謝です。

10月1日
  敬遠は一度覚えるとクセになる。
    【「タッチ」上杉達也】
10月2日
  失った時間は決して取り戻すことはできない。
  だから今やるの。
    【涼宮ハルヒ】
10月3日
  ゲームセットの後,
  「たら」「れば」を言い出したらキリがねえな。
    【あだち充「H2」国見比呂】
10月4日
  失敗したって誰も責めないさ。
  次のトライをするだけ。
    【渡り廊下走り隊「服を着た王様」】
10月5日
  平凡な日が何度だって
  やり直せると思っていたら勘違いだ。
    【The ROOTLESS
     「変わりたいと,強く望め。それ以外は,いらない。」】
10月6日
  それぞれの“エベレスト”に挑め。
    【栗城史多(登山家)】
10月7日
  自分を信じたなら ほら未来が動き出す
    【Mr.Children「未来」】
10月8日
  Stay hungry. Stay foolish.
    【スティーブ・ジョブス】
10月9日
  毎日、今日が人生最後の日かもしれない、
  と考えるとすれば、
  いつか、必ずその考えが正しい日が来る。
    【スティーブ・ジョブス】
10月10日
  あなたと僕は未来をつくるんです。
    【スティーブ・ジョブス】
10月11日
  できない理由をあげていくより,
  できるためには何をしたらいいか考えよう。
    【映画「はやぶさ」より】
10月12日
  夢はクスリ、あきらめは毒。
    【佐伯チズ】
10月13日
  足を引っ張らず、手を引っ張る人になれ。
    【佐伯チズ】
10月14日
  ヒットの延長がホームランになる。
    【野村克也】
10月15日
  プレッシャーとは「重圧」。
  重圧の中味は
  「恐怖感」「責任感」「欲」「自分を信じきれない」
  ということなのだ。
    【野村克也】
10月16日
  苦労人からしか,名言はでない。
    【野村克也】
10月17日
  信用を得るには時間がかかるのに,
  信用を失うのは瞬時だ。
    【野村克也】
10月18日
  「失敗」と書いて「せいちょう」と読む。
    【野村克也】
10月19日
  若いとき流さなかった汗は,
  年をとって涙に変わる。
    【野村克也】
10月20日
  To fly we must have resistance.
  (抵抗あってこそ,空を飛べる)
    【マヤ・リン(米・芸術家)】
10月21日
  It is never too late to become
  what you might have been.
  (なりたかった自分になるのに遅すぎることはない)
    【ジョージ・エリオット(英・作家)】
10月22日
  It's not enough to be busy.
  The question is what we are busy with.
  (忙しいだけでは不十分だ。問題は何に忙しかだ。)
    【ヘンリー・デビット・ソロー(米・作家)】
10月23日
  Victory has a thousand but defeat is an orphan.
  (成功には1000の父がいる。しかし,失敗は孤児である。)
    【ジョン・F・ケネディー(第35代米大統領)】
10月24日
  Your future is created by what you do today.
  (あなたの未来を創るものは,明日ではなく,今日のあなたの行いである。)
    【ロバート・キヨサキ(米・投資家)】
10月25日
  結局、あなたが受け取る愛はあなたが与える愛に等しい。
    【ジョン・レノン】
10月26日
  プラス思考は,まず自分を捨てることが大切。
    【茂木健一郎】
10月27日
  目のチカラは,心のチカラ
    【さだまさし】
10月28日
  自然は曲線を創り、人間は直線を創る。
    【湯川秀樹】
10月29日
  人生最大の報酬は、知的活動によって得られる。
    【マリー・キュリー】
10月30日
  読書は充実した人間をつくり、
  書くことは正確な人間を作る
    【フランシス・ベーコン(イギリスの哲学者)】
10月31日
  勉強するから、何をしたいか分かる。
  勉強しないから、何をしたいか分からない。
    【北野 武】

先週,9年前の卒業生から突然電話がかかってきました。
来年の3月に結婚するので出席して欲しい。
そして,
歌を歌ってほしい,できたらオリジナル曲をつくってほしい。
との依頼でした。

本当に嬉しく思います。
結婚に式に招待してくれてありがとう。
心をこめていい曲つくるからね。

杉本

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2011年11月01日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top