Home > 2011年10月26日

2011年10月26日

成績は上がる!必ず成績は上がる!!

先日のチラシで出させていただきました。また、保護者会でもお話をしました。
成績は必ず上がるのだ!文理でがんばっていれば、成績は必ず上がるのだ!↓↓↓写真をよく見て下さい!また、写真の下が重要!
成績2成績3成績1

しかし、ウソはつくまい。隠し立てもしまい。文理生でも成績がなかなか上がらない生徒はいる。上の写真のように、夏期講習から入塾しビックリするほど順位が上がる生徒も多いが、そうでない生徒もいる。
では、どうすれば上がるのか・・・。答え(大きなヒント)は中1・中2の「保護者会」でお話した通り。

前提として「作業」ではなく「勉強」をする!どいうことか??
⇒「学校や塾で勉強している、宿題もやっている。だから勉強しているよ。」は大きな勘違い!!・・・「覚えるべきものを覚えなければそれは単なる作業でしかない!」ということ。つまり「勉強」するとは「覚える」「できるようにする」ということだ。
⇒更に細かく言えば1.普段から(テスト対策に入る前)覚えるべきものを覚え、できるようにすべきものをできるようにしておく!(英語で言えば単語は書けるようにしておく+文法を使った英作文はスラスラ書けるようにしておく)→そ→し→て→2.テスト対策中には対策中に覚えるべきもの、できるようにすべきものを徹底して身につける!(英語で言えば本文の重要表現を覚え実戦的な問題を繰り返しやりテストに慣れ定着させる!)

・・・このように時期に応じて、段階を踏んでテストへ向けてだんだんと仕上げをしていく・・・という「学習習慣」を早いうちに身につけなくてはならないと思います。それができると成績は上がるし、『実力もつく』のである。テスト前に付け焼刃でつけた知識なんざぁテストが終われば忘れてしまうもの。そうやって覚えては忘れ、覚えては忘れ・・・それが永遠と続くような勉強の仕方をしているようでは「時間も努力もお金も無駄である!」と思いませんか??だから・・・
「自分を変えよう!自分を変えて本当の勉強をしよう!そして進路を大きく変えよう!最終的には人生を変えよう!!」が今、僕が声を大にして生徒たちへ伝えたいことばなのです。(勤)


文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2011年10月26日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top