Home > 2011年03月20日

2011年03月20日

卒業おめでとう!

昨日、富士宮では小・中学生の卒業式がありました。文理にも多くの小6・中3、そして3年前に文理小中学部を卒業した高3がたくさん通塾しています。天気もよく暖かな日で「卒業式日和」でしたね。
「卒業おめでとう!本当におめでとう!!」
式のあとに何人かの生徒、保護者の方が塾に寄ってくださり卒業の喜びを分かち合いました。その中で3年前に志望校に残念ながら不合格となり私立高校に進学し、今年大学に進学が決まった生徒が母親と報告に来てくれました。立派に男らしくなった彼もまた新たな旅立ちです。とても嬉しく晴れやかな気持ちになり、夜の授業に力が入りました。

卒業とは。卒業とは。。。
学校を卒業するのだけれど、そこには色々な意味が含まれています。この生徒のように親元から卒業して新たな土地で生活を始める。また、教科書の勉強からの卒業をし社会に羽ばたいていく人たちもいるでしょう。
僕から卒業に関していくつか教え子たちに伝えておきたいことは、①いままでの怠惰な自分からの卒業もしよう!②言い訳をしたがる自分自身からも卒業しよう!③世の中にあまり興味が無かった自分から卒業しよう!ということです。人として生き成長する中で色々大切なことがあると思うけど、突き詰めていけば「世の中に起こっていることを知り、その中で自分に何ができるのか、やらなければならないのか、また人のため社会のために何をやるために生まれてきたのかを考え、言い訳をせずにやるべきことを一生懸命やる」ということが大切!生きていくための心の柱!だと思うんだな。学校を卒業すると活躍するステージが変わります。そのステージが変わった時が大きく自分を変える大チャンス!こんなことを少し心に留めて新たな輝くステージでがんばってもらえたらと思います。


今日も早朝から震災の様子をテレビでみながら、みんなのことを考えながら、いま書ける卒業へのはなむけの言葉を贈ります。改めて「卒業おめでとう!新たなステージでそれぞれの輝きを放て!!」(勤)

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2011年03月20日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top