Home > 2011年03月15日

2011年03月15日

2011年3月15日、合格発表日のみんなへ

沼津東高校   5名
御殿場南高校  10名
をはじめ、川島田校のみんなは、停電のまっくらな校舎に最高の笑顔を持って帰ってきてくれました!!!


そんな川島田校のみんなへ
 
「合格したからすごいんじゃない、努力したから偉いのでもない。自分を信じ続けたことに誇りを持とう!」
 
 30年ほど生きてきて感じるのは、人生って不公平だなぁという確信にも似た思いである。というのは、例えばスポーツのてっぺんをとるのはけっこう難しかったりする。当たり前だが、誰でもオリンピックに出られるわけではないし、結局、運動能力って天賦の才が重要になってくるものだと思うから、スタート時点からそれぞれ差が生じている。けれども勉強に限っては、誰にでもスタートは公平に与えられているなぁと、僕は信じて疑わない。

 「そんな志望校は高嶺の花。お前になんて絶対無理!」って言われてもどうしても行きたい思いを捨てきれない子がいたとしよう。もしこの手厳しい一言がほかのことへのものなら、大人の見立ては確かで、たぶんそれは事実になるだろう。ところが勉強においては、否定されながらも、こうやって一生懸命、自分と向き合ってみて、出した答えは固い信念となる。やがてそんな強い思いは、合格となって実を結ぶ。

 なぜか?それはあきらめないで信じ続ける力が、みんなを成長させるから。だから、自分を信じて踏み出す一歩には無限の価値が宿っていると僕は感じる。しかもそんな重大な一歩を軽々と行えるのが、子供時代を生きるみんなの特権であり、それを日本の財産と呼ぶのだと僕は思う。そんな柔軟性とバランス感覚は、大人になると忘れてしまいがちだから。

 東北地方太平洋沖地震という前代未聞の大きな悲劇に見舞われている今だからこそ、今日の笑顔を今日の涙を決して忘れないで欲しい。それが未来の日本のいしずえとなる。合格おめでとう!!!


今回の大地震で被災された方々の一日も早い復興を切にお祈り申し上げます。

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2011年03月15日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top