Home > 2011年01月25日

2011年01月25日

持っているものが与えられるもの、与えたものが得るもの

今年も、前期試験に向けて
面接練習と作文添削指導をたっぷりやりました。

彼ら、彼女らに伝えたかったのが、
自分が何を持っているか
意識しなさいということです。


肩に力が入って、自分が実際に持っているもの以上のものを、
さも持っているように振る舞っても見抜かれるぞ、
と口を酸っぱくして言い続けました。


また、その発言や文章がどれだけ具体的で、
どれだけ自分らしくあるかどうかも厳しく要求して、
あいまいさにはこれでもかというほど突っ込みを入れました。


人は何かしら持っているのです。
持っているものを素直に誠意をもって出せばいいのであって、
それをこねくり回すとおかしなことになると思うのです。


今回、前期試験にチャレンジした大里校の13人
まちがいなく持っています。

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2011年01月25日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top