Home > 2010年12月22日

2010年12月22日

冬期講習の受講意義

冬期講習がいよいよ目前に迫っています!さて、皆さんは『講習会の位置づけ』をどのように考えていますか?ただ流されるままに受講するようではダメですよ。『この講座を受講すればいったいどのような力が自分につくのか』ということをきちんと理解して受講しましょう。その姿勢が授業を受けるときの真剣な態度につながりますし、志望大合格までの正確なプランを作るためにも重要になるのです。以下は私なりに考えた各学年の『冬期講習受講意義』です。

高1…高2での学習内容は高1の学習内容に上積みしたものがほとんどです。→ 高1の学習 
   内容を完璧に理解しておくために最重要単元の総復習をする。

高2…この冬から本格的な受験勉強のスタート!(高3の4月からではありません。)大学受  
   験は全国区での競争。第一志望大学に合格した人の平均的な受験勉強開始時期が高2 
   の10月からというデータもあります。この冬からでも決して早くはないのです。

高3…まとまった勉強時間を確保できる最後の時期。とにかく無駄を省き、効率良く学習す 
   ることが重要です。冬期講習で入試頻出の重要な内容を凝縮したテキスト、授業に触
   れることで無駄なくレベルアップができます。

→ 別にこんなに堅いものでなくても全然OKですよ。『この冬は英語を極める!』みたいな 
漠然としたものでもまずは良いと思います。要するに『何のために冬期講習を受講するのか』
と自分なりに考えてみることが大切なのです。

全員が冬期講習後に『以前よりも確実にレベルアップしたぞ!』と実感できるといいなあ。
そうなれるように《短期集中》で頑張ろうよ!

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2010年12月22日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top