Home > 2010年11月18日

2010年11月18日

たかがされどの趣味の話

車を自宅駐車場に置いておき、朝出かけようとしたら猫7~8匹のたまり場になっていました。(驚)


猫の集会というのは、昔から何のために開かれているのかと疑問を持たれていて

諸説(いろんな意見)ありますが、未だに真実は解明されていません。

マサチューセッツ工科大学の研究室で、猫の水の飲み方が研究されている今日この頃

生徒の皆さんも、興味のあることを一度徹底的に調べてみてはいかがでしょう。

もしかすると、前代未聞で前人未到の大発見があるかもしれませんよ (゜▽゜)!


どうも、長泉のつこんです。


僕の年間で鑑賞する映画の数は約200本。
3日に2本は観ているペースです。いざ数字にしてみると自分でも驚く数ですね…

さて、僕が映画をこんなに観始めたのは、大学生になった春のこと。

大学生になったのだから、これまでとは違う趣味をやってみよう!
ということで大学のすぐ近くにあった某ビデオレンタルショップTに足を踏み入れました。

田舎者の僕は、レンタルのためにカードを作ることを知らず、カードも持っていないのにDVDを抱えて
レジに並ぶという赤っ恥をかくことになります(汗)
もちろんその場ですぐ作りました。


そんなこんなでmy life with the movie が始まります。


最初は歴史物・ハリウッドのアクションなどミーハーなチョイスをしていたんです。

ある日、大学でフランス語とイタリア語を専攻していたこともあって

「せっかくなら自分の勉強している国の映画を観よう!字幕なしで!」


という安直な考えから

フランス映画、イタリア映画を借りました。

そして視聴。字幕なしで。


開始10分。
うん、なるほどね。


何言ってるかさっぱりわかんね (゜□゜;) ガクガク


字幕なしは封印。

それからちゃんと日本語字幕で観ることにしました(笑)
それはそれはよく分かりましたよ(笑)


それから3年が経ち、そろそろ前に観たことあるやつをもっかい観てみようってことになった時に
今度こそ字幕なしに挑戦と思って観てみたんです。

そしたら、意外に内容を覚えているもんで劇中のセリフも日本語の意味が分かっている分、フランス語もちゃんと聞きとれているではありませんか…

なんか、自画自賛のような感じがしますが、自分の成長が露骨に表れた瞬間で、すごく嬉しかったのを覚えています。

趣味が学習に、学習が趣味に役立つ瞬間でした。


それからというもの、映画がどんどん好きになって、そのレンタル屋にある旧作は全て観尽くしました!!

そして、学生が終わった今年も、その映画熱は冷めることなく、静岡県という新天地の某レンタルショップGにある作品を総なめにする勢いで鑑賞しています。(笑)


生活陶冶(せいかつとうや)という言葉があります。

これは、生活していく中で、様々なことを考えて、様々なことを感じて成長していくことを意味する言葉です。

僕の趣味は、僕に様々なことを学ばせてくれましたし、確実に成長させてくれたと確信しています(^~^)


まだまだ若い生徒の皆さんは、これから勉強だけでなくいろんなことを経て成長していきます。
部活、恋、人間関係、遊び、趣味...etc 

その中で君たちはまだまだ成長することができます。っていうより成長するんです!

だから、何事にも全力投球してください。全てが君たちの養分となって、必ず成長をさせてくれるはず。

僕たち文理の先生は、そんな君たちを全力で応援しています!真剣に本気で応援してるんで、安心して全力を尽くしてください!!


何事にも全力を出してベストを尽くす。
世の中で一番かっこいい生き方だと思いませんか?

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2010年11月18日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top