Home > 2010年07月17日

2010年07月17日

成績の推移(ほんの一部です)

 A君は、今年の1月から入塾しました。入塾する前の定期テスト順位は5教科で106位、特に理科が苦手でそれまで104位という成績でした。それで、入塾した当初から理科を重点的に行いました。入塾して最初の定期テストで、理科が84位、5教科で95位となりました。数字的には大して上がっていなかったのですが、本人が「勉強の仕方が分かってきた。先生、問題集でいいのがあったら紹介して。」と言ってきました。自主的に勉強する自覚が芽生えてきたのです。その効果か、2年になって最初のテストで、苦手の理科が57位、5教科で40位まで上がりました。苦手な科目で、勉強のコツが分かってきたことが、他の科目に相乗効果をもたらしたのです。彼は、今も元気に勉強に励んでいます。
  同じく、1月に入塾したB君も自主的に学習する意識が芽生えてきた一人です。彼は、入塾当初5教科で114位、特に社会が苦手でそれまで132位という成績でした。A君と同じように、苦手科目を重点的に行った結果、入塾して最初の定期テストで、社会が66位、5教科でも66位となりました。彼もこう言いました。「これから、毎日自習に来るよ。」そうは言いながら、来ない子の方が多いのですが、彼は、本当に、毎日自習に来ました。「先生、プリントください。問題集貸してください。」と毎日のように言って勉強していきました。やはり、その効果でしょうか、3年になって最初のテストで、苦手の社会が33位、5教科で55位となりました。彼は今日も自習に来てがんばっています。
 Cさんは昨年の11月から在籍しています。入塾した当初、5教科で74位、特に数学が苦手で科目別順位が89位という成績でした。A君やB君と同じように苦手科目を重点的に行ったのですが、なかなか思ったほどの結果は出せませんでした。それでも、彼女もB君と同じように毎日のように塾に来て、3学期の定期テストで5科目で41位、数学が66位という結果になりました。そして、継続してがんばった結果、5教科で34位、数学が22位まで上がりました。2年の頃は、半分あきらめていた志望校が射程圏内まで入ってきました。その後も、彼女はコツコツとがんばっています。
 Dさんは、4月から入塾しました。最初は戸惑いもあったようですが、最初のテストでそれまでの88位から55位まで順位を上げました。特に苦手だった英語が104位から41位までになりました。今は、すっかり塾に慣れてがんばっています。
 
 何よりも大切なのは、子供のやる気です。やる気を出すためには、どうやって勉強するかを示してあげることです。その際、大切なのは、その子一人一人のやり方を親身に考えてあげることだと考えています。教育に正解なんてありません。ただ、大切なのは、子供に常に具体的な道しるべを示してあげることです。私たち文理学院は、子供がその気になるまで、とことん付き合います。そして、努力の大切さを子供に身をもって体験してもらいたいと考えています。

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2010年07月17日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top