Home > 2010年02月18日

2010年02月18日

富士宮西校中1・中2定期テストスタート!

 本日の富士宮二中を皮切りに、来週金曜日まで「学年末テスト」が続きます。
 文理学院の大きな特長の1つに、「3週間以上の定期テスト対策授業」があります。特別な時間割を組み、日曜・祝日にも授業を実施し、直前には各中学別のクラスでその中学の範囲に合った内容をツメていきます。1回1回の定期テスト勉強と結果が実力となり、内申点となり、生徒の志望校合格へ繋がっていきます。ですから、定期テスト対策は普段の授業と同じく各教師が力を入れて実施しているのです。
 それと少々関係のあることなのですが、塾生以外の方や稀に塾生やその保護者の方から『対策中授業が多くて大変だ』と言われます。おっしゃる通り、直前の2週間は週4回になるため生徒は大変かもしれません。実は僕ら教師も大変と言えば大変なのです(僕は慣れていることや、それが必要だと理解しているので大変には感じませんが)。しかし、目先のことだけでなく近い将来の大学受験や仕事のことをイメージしてみると、『人間、いくつもの山を越えていかなくては目標の達成や人間としての成長は難しい』と思うのです。もちろん「がんばれば何とかなる」みたいな精神論だけを子どもたちに言うつもりはありません。しかし、現実には夜を徹して仕事をしなければいけない場合やいやなことでも終わりまでやり通さなくてはならないことが実社会では少なくないのです。
 『社会へ出て人様の役に立てる人材』、『仕事を通じて社会貢献できる人間になるための“準備期間、助走期間が学生時代である』と考えれば、『1つひとつ山を登って自信と人間力をつけさせる手助けを親もまわりの大人もしていく』ことって大切なような気がします。『子どもを大切に育みながらも過保護には育てない』ことが肝心であるように思います。
 少々、話はそれました・・・。文理宮西校生徒諸君!今年度最後の定期テスト、全力で挑み自己最高点を叩きだそうじゃないかぁぁぁぁ~~(勤)

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 2010年02月18日

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top